内容から探す

医療者とのコミュニケーション」に関する悩みと助言のうち
「医師の言葉」に関する悩みと助言

※下記キーワードで絞込ができます

医師の言葉 / 医師の態度 / 看護師や他のスタッフの言葉や態度 / 患者の気持ち / 伝わらない・対応が遅い / 医師や病院への期待と評価 / ゆっくり話せない / 質問や心配事を話しにくい / 担当医の交代 / [戻る]

よろずの窓

調べたいことを文章や単語で記入して、「検索」ボタンを押してください。

個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

助言 入院中、「家に帰って好きな食事、好きな飲み物をとってこられたら来てください」との医師の言葉に悩んだ。
助言 医師より入院中、余命あと何年と聞かされ、どんなに頑張ってもその言葉が頭から離れず落ち込んでしまう。
助言 不安や悩みを相談しようとしてもためらうような雰囲気があり、たとえ思い切って訴えたとしても、心ない言葉や態度に何度傷つけられたか知れない。
助言 今は主治医に任せているが、これでいいのかといつも不安な気持ちだ。明日は生きていられるか主治医はなにも答えず、月1回のレントゲン検査で変わっていませんと言われるだけだ。
助言 主治医が交代し、引き継いだ主治医は前任者と意見も異なり、治療法が大きく変わったことでとても心配になった。
助言 医師は多くの患者と向き合い、大変だとは認識しているが、患者にとってはただ1人の先生だということを理解して欲しい。
助言 けがで休日診療を受けた際、若い医師に「あなたはかなりひどかったんですね」「あの先生は忙しくてなかなかみてもらえないでしょう」など、質問もしていないのに言われ、不信感をもった。
助言 治療法について先生に話を聞きたいが、主治医が替わったばかりで、なんとなく聞きにくい。
助言 主治医の説明は完全だったが、自分が神経質になっているためか、主治医の考えも定まらないように感じ不安だった。
助言 父をがんで亡くしたとき、医師に対する不信感が生まれたため、自分のがんも主治医も信用できなかった。
さらに表示する>>

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A