多職種レジデント制度

目的

静岡がんセンターでは、日本のがん医療におけるトップレベルの医療者を育成するために、医師レジデント制度に次いで、多職種がん専門レジデント制度を創設しました。
この制度の目的は、がん医療を実践する看護師、薬剤師、臨床検査技師など13職種について、各分野における最高水準の実践力を持つ医療者を育成すること、また、日本全国に先駆けて独自の多職種チーム医療を定着させた静岡がんセンターで研修を積むことにより、全国に多職種チーム医療を推進できる人材を育成することです。
さまざまな医療職を対象とした総合的なレジデント制度であること、実践力の強化ばかりでなく、多職種チーム医療の推進を目的としているレジデント制度は他に例が無く、平成20年の創設以来、30名余の多職種医療者が研修を終え、日本各地でがん医療の発展に貢献しています。

特徴

このレジデント制度には次の特徴があります。

  1. 各分野トップレベルの指導者の下での実践研修によって、極めて専門性の高い実践力を修得できる。

  2. 独自の多職種チーム医療を展開する静岡がんセンターの一員となることによって、多職種チーム医療を理解し、これを推進するリーダーシップやメンバーシップを養うことができる。

  3. 研修プログラムには、院内の様々な臨床現場や他の職種の実践を見学する全体見学研修が組み込まれており、静岡がんセンターの多職種チーム医療の全体を学ぶことができる。

  4. 日本臨床腫瘍学会指定のカリキュラムに沿ったプログラム「静岡がんセンター臨床腫瘍学コース」を受講することができ、がん医療に関する専門知識を体系的に修得できる。

制度の概要

(1)職種 看護師、薬剤師、臨床試験コーディネーター、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療社会福祉士、心理療法士、チャイルド・ライフ・スペシャリスト、診療情報管理士、歯科衛生士
(2)身分
静岡県非常勤職員
(3)研修期間
原則2年間

 

詳細は募集のページを参照願います。 募集のページはこちら

センター紹介

センター紹介