疾病管理センター

疾病管理センターは、組織上、病院とは独立した部門になります。静岡がんセンターの利用者と患者・家族、地域の関係機関、県民との対話・連携の窓口としての役割を担い、「よろず相談」「健康教育・研修(患者図書館、患者サロン)」及び「がん総合対策」の各種事業を行っています。

よろず相談(がん相談支援センター)

「がんではないかと心配している」、「がんと診断され治療法を選択せねばならない」、 「治療の副作用や後遺症で悩んでいる」、「治療費が高額で困っている」・・・など、ご本人やその家族は、様々な悩みや心配事をかかえています。静岡がんセンターでは、がん患者さんやそのご家族の不安や悩みなどに対応するために、『よろず相談』(相談支援センター)を設置しています。お電話や対面等で、医療や看護・福祉などの様々な相談に応じるとともに、患者代弁者や就労の支援なども行っています。

よろず相談のページへ


 

がん総合対策

がん征圧を目指して、静岡県がん対策推進計画に基づき、がん予防に係る普及・啓発、医療従事者の研修、医科歯科連携の推進などを行っています。

がん総合対策のページへ


 

健康教育・研修(患者図書館、患者サロン)

様々なジャンルの書籍等の貸出しや勉強会の開催などを通じて、患者・家族や県民の学習を支援するとともに、交流や学びを通じた癒しの場を提供しています。

患者図書館

患者図書館(あすなろ図書館)は、患者さんやご家族の方が本を楽しみたい、ご自身あるいはご家族の病気や治療のことを知りたい、インターネットで情報を得たい、くつろげる場が欲しい・・・そんなご希望に添うためのスペースです。このページから所蔵資料を検索し、静岡がんセンターが作成した冊子をダウンロードしたり、講演のビデオの一部をご覧いただくこともできます。

患者図書館のページへ

患者サロン

患者サロン(やまなみ)では定期的に学習会を行っています。
現在は、「学びの教室」「栄養室」「歯科口腔外科」の勉強会を行っています。

患者サロンのページへ

患者支援・相談

患者支援・相談