臨床研究支援センター

当院では患者さんを対象に、薬剤や医療機器、治療方法、診断方法の安全性や有効性を確認するために臨床研究を行っています。
臨床研究のうち、患者さんへの介入を伴うもの(その研究で評価される治療法や診断等が実際に行われるもの)を臨床試験と呼びます。
また、臨床試験のうち、厚生労働省から薬剤等の承認・認可を得るために行われるものを「治験」、既に承認・認可された薬剤の使用情報の収集や有効性、安全性の検証を行うために行われるものを「製造販売後臨床試験」と呼びます。
治験等は、実際に患者さんに協力していただく必要があるため、患者さんの福利に対する配慮が科学的及び社会的利益よりも優先されなければなりません。人間の尊厳及び人権を守りながら行われる必要があります。
このような臨床試験を行うにあたって、国(厚生労働省)は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP)」及び「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」を定めています。

研究活動

研究活動