主な医療機器について

手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」

davinchi1 

2011年の12月よりダ・ヴィンチのロボット支援による手術を開始し、胃がん、 大腸がん、前立腺がん、縦隔腫瘍を対象に実施し、2014年6月までに累計490症例ほどの手術を行いました。
この間に、確立された当センターの術式などが評価され、米国インテュイティブサージカル社から2013年に国内初の「大腸症例見学施設」に、2014年には国内2番目の「胃領域の症例見学施設」に認定されました。

遠隔操作型内視鏡下手術装置(手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」)の特徴

上記特徴から、小さい手術創、出血量・合併症・感染リスクの減少、入院期間短縮、早期社会復帰などの利点があると言われており、国内でも導入が進んでいます。

陽子線治療装置

陽子線治療の特色

1 世界でも最新のがん治療法

現時点で稼動している陽子線治療施設は、全世界で49であり、世界でも最新のがん治療法である。日本国内では、10施設が稼動している。

2 優れた線量集中性を有する治療法

陽子線は、従来から放射線治療に使われているX線に比して優れた線量集中性を有し、周辺の正常組織への障害を抑えることが可能である。このため、病変部への線量増加が可能となり、より高い局所制御率が期待できる治療法である。

3 従来の放射線治療の成果が応用できる治療法

陽子線の生物学的効果はX線とほぼ同じであり、従来のX線治療で蓄積された放射線生物学的知識をそのまま応用できる、安全で使いやすい治療法である。

4 社会復帰性に優れた治療法

放射線治療に共通する特性から、機能や形態を温存できる社会復帰性の高い治療法である。

診療案内

診療案内