連携大学院制度

連携大学院制度とは、当センターと大学院が連携・協力して、学生指導を行い、学生の資質向上を図り、相互の研究交流を促進し、学術及び科学技術の発展に寄与することを目的としています。

慶應義塾大学大学院医学研究科 博士課程

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程の連携大学院制度は、平成24年度から開始されました。静岡がんセンターで働きながら基礎研究を行い、慶應義塾大学大学院医学研究科において博士号取得を目指す方を対象としています。なお本制度は、静岡県と慶應義塾大学との事業連携協定(ファルマバレープロジェクトの推進に関する協定)の下で運用されています。

客員教授 静岡がんセンター 総長 山口 建
客員教授 静岡がんセンター研究所 副所長兼地域資源研究部長 楠原 正俊

*入試情報については、下記をご参照ください。
慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程
http://www.med.keio.ac.jp/graduate/doctor/guideline.html

大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻後期課程

多職種チーム医療に基づくがん看護学
招聘教授 静岡がんセンター 総長 山口 建
招聘准教授 静岡がんセンター病院 副院長(看護担当) 鶴田 清子
招聘准教授 静岡がんセンター研究所 看護技術開発研究部長 北村 有子

研究テーマ

  1. 先進的がん医療と多職種チーム医療に関する研究
  2. 患者家族支援と多職種チーム医療に関する研究
  3. がん医療における多職種チーム医療の構築に関する研究

●必要単位数(10単位)

多職種チーム医療に基づくがん看護特講 2単位 静岡がんセンター内
多職種チーム医療に基づくがん看護特講演習 2単位
特別研究 4単位
数理保健学特講 2単位 大阪大学大学院

*入試情報については、下記をご参照ください。
大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻
http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/www/graduate/graduate_nyusi.html

センター紹介

センター紹介