悩み

治療法について先生に話を聞きたいが、主治医が替わったばかりで、なんとなく聞きにくい。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【大切なことはきちんと確認しましょう】

担当医が変わると、患者さんはどうしても以前の医師と比較してしまうと思いますし、前の医師と強い信頼関係、人間関係ができていればなおさらです。患者さんにとって、担当医は自分の命を預ける人間でもありますから、担当医の交代は、不安や心配も強いと思います。ただ、気持ちを切り替えてみると、新たな医師との出会いが、強い信頼関係をもてる人間(医師)との出会いになるという可能性もあります。
気持ちを切り替え、これから先も、新しい担当医と信頼関係を築き、何でも相談できる関係になるために、行動してみましょう。
最初は、患者さんも緊張してしまい、診察時の医師の一挙一動に敏感に反応してしまうかもしれませんが、担当医も、引き継いだ患者さんを一生懸命みていくつもりのはずです。
聞きたいと思いながらも、診察時になるとうまく切り出せないということであれば、あらかじめ「こういう点を聞きたい」ということをメモで箇条書きにして、それを見ながら聞いてみましょう。


 
【治療法についての面談はいきなり切り出すより、時間を調整してもらう】

ただし、治療法についての話となると、別に時間をとる必要があるかもしれません。そうであれば、「治療について、先生にお話を聞きたいのですが、どこかで時間をつくってもらえないか」と聞いてみましょう。たとえば、そういった面談の時間であれば、外来時間の最後の方が時間がとれるからというように、医師の方でも日にちや時間を調整してくれるかもしれません。


 
【直接切り出しにくければ、看護師に相談する】

もし、どうしても新しい担当医に切り出しにくいということであれば、外来通院中であれば外来の診療科の看護師に相談してみましょう。担当医が変わっても、看護師や他の医療スタッフなど、あなたのこと、あなたの病気や治療のことをよく知っている人もたくさんいると思います。新しい担当医との関係に最初の一歩が踏み出せないようでしたら、こういったあなたのサポーターに相談してみましょう。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後の[がん体験者の悩みQ&A]のコンテンツに役立たせていただきます。なお、個別の回答は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A