「がん体験者の悩みQ&A」では、2003年と2013年に実施した全国調査結果を整理して構築したがん体験者の悩みデータベースを公開しています。このデータベースに基づき、がん体験者の方々の悩みや負担をやわらげるための助言や日常生活上の工夫などの情報ツールの作成等を行っています。
なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、お近くの「がん相談支援センター」をご利用ください。

悩み

医師より入院中、余命あと何年と聞かされ、どんなに頑張ってもその言葉が頭から離れず落ち込んでしまう。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【話をしてみて下さい】

余命として聞かれた数字は、大まかな予想であって、誰も余命を確実に言い当てることはできません。
気持ちが晴れない状況が続くようであれば、こころを許して話を聴いてくれる家族や友人、または、おかかりの病院の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターの相談員と話をしてみて下さい。つらさを人に話すことで、少し気持ちが軽くなります。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター『がん情報サービス』:がんの相談
https://ganjoho.jp/public/institution/consultation/index.html
『がんの相談』のページで、がんの相談窓口「がん相談支援センター」の説明やがん相談支援センターを探すへのリンクがあり、全国のがん診療連携拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。

 
【今、やりたいこと、できること】

人の寿命は、正確に分かりませんから、今、“やりたいこと”“できること”を行っていくことが大切だと思います。
その人の人生や生き方は、毎日の過ごし方が積み重なってあらわれてきたものです。過去の時間は取り戻せませんし、これから先の時間を借りてくることもできません。今、このときをどう過ごすかが重要になると思います。
あなたが“やりたい”と考えていることは、今からでも始められると思います。もし、まだ無理で、時期を待つ必要があるなら、“できること”から手をつけてよいと思います。
“やりたいこと”“できること”に加えて、“やるべきこと”を考え、実行するとよいと話される方もいます。その内容は、あなた自身のためだけでなく、家族や周囲の人のためになることかもしれません。
これら3つは、全てが明確である必要はなく、優先順位についても入れ替わることがあるでしょう。少し考えてみると、今日からでも実行しようと思うことや、実はもうすでに実行しているものがあるように思います。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A