悩み

手術後、縫合不全がおき、腹膜炎を起こしかけた。医師のレベルの低さに残念でならなかった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【手術の合併症】

手術の合併症、言い換えると、手術がもとになって起こることがある病気のひとつに、縫合不全が挙げられます。手術でつなぎあわせたところからもれて(縫合不全)、炎症(腹膜炎)が起こったりする場合があります。
手術の操作に関連する合併症には、出血や腸閉塞、創(きず)の感染などがあります。手術操作と直接関係のない全身の合併症には、肺炎や肺塞栓などがあります。
同じ医師がどんなに注意深く手術をしても、一定の割合で、このような望まない状況が発生すると言われています。手術の合併症に関する報告をみると、合併症の種類のほか、手術方法など様々ですが、多くの報告で頻度は数%~15%と言われています。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後の[がん体験者の悩みQ&A]のコンテンツに役立たせていただきます。なお、個別の回答は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A