悩み

医師を信用していいのか分からない。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【信頼関係作りは、医師とあなたとの共同作業】

がんの治療は長期になることもあるので、担当医との信頼関係は大切です。
自分の担当医が、専門医や認定医の資格を持っていたり、本や雑誌で紹介されたりすることは、あなたの安心につながるかもしれません。病院を変わる際など、ホームページや図書館、書店で調べて、どの医師にかかるか考えてみるのもよいでしょう。
ただ、こういった条件は、信頼関係を作る上で決め手になるとは限りません。資格をまだ取っていなくても実力のある医師はいますし、名医と評判の医師でも相性のよしあしはどうしてもあります。
もう一つ、とても重要なことは、信頼関係は、医師の側の条件だけで生まれるものではなく、あなたと医師がコミュニケーションを通じて作りあげていくものだ、ということです。
信頼関係を作りあげていくためには、あなたの側からもできることがたくさんあります。
まずは相手を信用すること、そして、相手の欠点ではなく、よいところを見つけていこうとする気持ちが、信頼関係を築くための近道となります。
逆に、最初から医師を信用せず、隠しだてをしたり、試したりするようなことをすれば、それが医師の方にも伝わり、結果的に信頼関係を作りあげていくことが難しくなります。
不安や不満だけでなく、感謝やうれしい気持ちを伝えることも、信頼関係を作りあげるうえで大切なことです。
医師の話を聞いて“納得できた”と思ったり、自分が“支えられた”と感じたりしたら、その気持ちを、メモや葉書で伝えてみてはどうでしょうか。


 
【気になることがあれば、気持ちを伝えていく】

あなたの悩みの背景には、担当医の発言で気になるところがあったり、気持ちのすれ違いを感じたりした体験があるのでしょうか?
医師との信頼関係を築くためには、時間とエネルギーが必要です。たった一つの出来事や言葉のすれ違いがあったために、それまで築いてきた担当医との信頼関係を崩してしまうのは、もったいないことです。
ただ、だからと言って、『何か気になることがあっても、不満は言わず、黙ってがまんしたほうがいい』ということではありません。
むしろ逆に、本当の信頼関係は、本音を伝えあうコミュニケーションの中から築きあげていくものです。
担当医の診療について何か不満な点があれば、溝が深まる前に、「そういう言い方をされると、傷つきます」、「ちょっと行き違いがあるようなので、説明させてください」と、自分の気持ちをはっきりと伝えていくことも大切です。
場合によってはすぐに対応を取るのは難しいかもしれませんが、医師からきちんと説明を受けることができれば、すれちがいを解消したり、歩みよりの余地を見つけたりすることができるはずです。
もし、担当医に直接伝えるのは気おくれする、ということであれば、その病院の『相談支援センター』や『医療相談室』で話をしてみることをお勧めします。
相談員は、あなたの意見にきちんと耳を傾け、必要があれば助言をくれたり、何らかの調整を働きかけてくれたりするはずです。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
お寄せいただいたご意見やご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

注)[がん体験者の悩みQ&A]は、悩み調査結果に基づいて情報提供しており、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。
ご相談がある方は、
●静岡がんセンター「よろず相談
●お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A