医師に質問や心配事を言い出しにくい

どの程度のがんであるかということを医師に詳しく聞く勇気がなく、深く考えずに全面的に医師を頼った。
1件の体験者の声があります。
手術の方法、内容等を知りたかったが、医師に「説明してください」と言えなかった。
1件の体験者の声があります。
このまま抗がん剤を続けていても大丈夫なのか、抗がん剤が体に与える影響はどうなのかなど、心配だが主治医に聞けない。
1件の体験者の声があります。
すべて表示する>>   

助言

自分の助言集をつくる  EPUB形式でダウンロード  印刷用表示


心配だけれども医師に聞けないというのは、医師と十分なコミュニケーションがとれていないと感じているからかもしれません。
また、「担当医からの説明では、わからない部分が残る」、「難しすぎてわからない」、「知っておきたいことに関して説明がなかった」等、治療やケアに関する説明ですっきりしないようでしたら、ご自分から積極的に確認してみましょう。
実際に、治療やケアを受けるのはあなた自身です。わからないことをわからないままにしておくことは自分自身にとってマイナスになります。
医療者とうまくコミュニケーションをとっていくためには、あなた自身が積極的に働きかけることや、外来の短い時間であっても、医療者と向き合う時間を有効に使っていく工夫をしていくことが大切です。

【『不安や不信』につながっている原因を自分のなかで整理してみましょう】
あなたが今不安に感じていること、疑問に思っていることをノートなどに書き出します。最初は、長い文章で自由に書いてみて構いませんが、書き終わったら読み直し、最終的に箇条書きにしてみます。

たとえば「○○の検査結果が知りたい」、「○○という症状がどうして起こっているのか知りたい」、「○○をどう対処したらよいか知りたい」などです。ただ「いろいろ聞きたいことがある」、「忙しそうで話しかけられない」というのではなく、具体的に整理することが大切です。

【外来の場合は、特に前もっての準備と振り返りの習慣ををつけましょう】
短い外来時間を有効に使うためにも、前もっての準備と振り返りの習慣をつけましょう。
前もっての準備としては、次の外来で実施予定の検査、あるいは結果の出ている検査、今ある症状や困っていること、担当医や看護師に聞きたいことを書き出し、整理してみることです。これは、できるだけ1行以内の箇条書きにして、間に空欄を入れておきます。この空欄は診察時や振り返りのときに使います。
振り返りは、診察室での診療のなかで、大切なことを自分なりに書き出して、まとめてみることです。その場では、すぐ聞けなかった疑問などがあったら、次の外来時に確認できるように、次の診察日のところに、箇条書きで加えておきましょう。

【疑問、不明なことをそのままにしておかない】
疑問や不明なことをそのままにしておいてはいけません。そのままにしておくと、少しずつコミュニケーションのずれが積み重なり、不信感につながります。
医師は説明したつもり、患者さんはわかったつもりでは、信頼関係を築くのは難しくなります。

担当医に質問してみると、不安が軽くなると思います。自分の頭のなかだけで考えていると、どうしても悪い方の考えに偏りがちになり、答えが見つからないので漠然とした不安が残ったままになります。
担当医から回答をもらうことで、想像以上に早く気持ちが晴れるかもしれません。



関連する情報


ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A