内容から探す

治療への気がかり」に関する悩みと助言のうち
「今後の治療」に関する悩みと助言

※下記キーワードで絞込ができます

手術 / 放射線療法 / 抗がん剤・薬物療法 / 民間療法・代替療法 / 再発・転移 / 今後の治療 / [戻る]

よろずの窓

調べたいことを文章や単語で記入して、「検索」ボタンを押してください。

個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

助言 手術後追加治療が何もなく、他の同病者はほとんど追加治療を受けているので将来が不安だ。
助言 最初のPEIT治療(経皮的エタノール注入療法)の肉体的苦痛に強い衝撃を受け、継続治療に自信をなくしたが、回を重ねるごとに辛抱できるようになった。
助言 白血球数が下がり、上がってくるまで治療できず治療の回数が減ってしまう。
助言 抗がん剤治療が始まるまでの20日間、何の治療もなく、その間に転移でもしていないか毎日心配だった。
助言 今後再発転移した時に、治療の苦痛を覚えているので、その治療に対する恐怖感がある。
助言 手術後、病院の基本的な治療法として、転移予防の抗がん剤を毎週外来にて点滴している。種々のがん治療の本によると、抗がん剤は苦しむだけであまり効果がないと書いてあるが、本当に大丈夫なのか。
助言 がんの治療で治験の話があり、人の役に立てればと始めたが、その後毎年治験の話がきて、悪くなっているのではないかと不安だ。
助言 治療をやめて代替療法にしたら、次に診察治療してもらえるのだろうかと治療の選択について迷った。
助言 代替治療は効果があるのかどうか悩んだ。
助言 今後の治療方法についての不安がある。
さらに表示する>>

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A