悩み

病院の治療だけでよいのかと悩み、代替医療などを考える。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【代替療法はあくまでも補助的なものと考える】

新聞や雑誌には、がんに関連させながら、代替療法の広告が大きく掲載されることがあります。また、家族や知人から、『体によいものだから』と勧められることもあるかもしれません。
広告や周りの人の勧めを見聞きすると、“代替療法を受けなければならないのではないか”という焦りのような気持ちが湧くこともあると思います。
代替療法は、手術療法・化学療法・放射線療法を中心とする、一般的ながん治療の補助として考えてください。
この『補助』というのは、『一般的ながん治療の効果を増幅させることが証明されている』という意味ではありません。そうではなく、あなたの『こころの支え』になる場合もある、という意味です。
代替療法と一般的ながん治療を同時に行ったとき、どのような影響があるか、という点については、まだあまり研究が進んでいません。
しかし、いくつかの代替療法については、一般的ながん治療が効果を発揮するのを妨げてしまうことが分かっています。また、代替療法の中には、あなたの体調次第では、大きな問題を引き起こしてしまう可能性があるものも含まれています。
代替療法を試してみようと思った時には、必ず事前に担当医に相談するようにしましょう。


 
【担当医や相談員に相談してみましょう】

広告や知人からの勧めではなく、あなたは自分から、代替療法を受けたい気持ちになったのかもしれません。
もしそうなのでしたら、あなたのこころの中にはきっと、現在受けている治療に関する不満や不信感、病気の進行に対する不安、痛みなどの体のつらさなど、何か悩みがあるはずです。
その悩みを、まずは担当医にきちんと打ち明けてみましょう。
悩みをきちんと伝えることで、担当医の方から、あなたの悩みに対する適切な対処を提案してもらえれば、それにまさることはありません。
もし、担当医に気安く悩みを打ち明けられないように感じているのでしたら、おかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。場合によっては、担当医とあなたとの間で、上手に橋渡しをしてもらえることもあるはずです。
自分の悩みを人に打ち明けて、助けを求めることができるのは、あなたの弱さではなく、強さであると考えてみてください。


 
参考になるホームページ
(1) 国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。相談支援センターの名前や問い合わせ先、対応時間などを確認でき、各施設の相談支援センター名を押すと、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。
(2) 国立がん研究センター がん情報サービス:がんの相談
http://ganjoho.jp/public/consultation/index.html
がんに関する心配事や知りたい情報を電話で相談できるがん情報サービスサポートセンターについて、また、がんの相談窓口である『がん相談支援センター』に関する説明などが掲載されています。
(3) 公益財団法人 日本対がん協会:がん相談
http://www.jcancer.jp/
日本対がん協会のホームページです。右側の『がん相談』で、がん相談ホットライン、医師による面接相談、医師による電話相談、社労士による相談の4種類の相談の電話番号があり、ボタンを押すと詳しい説明のページをみることができます。『がん相談ホットライン』は、看護師やソーシャルワーカーが電話でお気持ちを聴いたり、困りごとの相談に対応しています。医師による相談は、電話相談、面接相談とも事前予約が必要になります。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A