悩み

手術後、病院の基本的な治療法として、転移予防の抗がん剤を毎週外来にて点滴している。種々のがん治療の本によると、抗がん剤は苦しむだけであまり効果がないと書いてあるが、本当に大丈夫なのか。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【担当医にもう一度確認してみましょう】

抗がん剤治療の目的として『転移予防』という説明を受けたとのことですが、あなたが十分に納得できるまで、詳しい内容を聞くことができなかったのかもしれません。本から知識を得ることは大切ですが、そこで得られる知識はどうしても一般論になります。あなた自身の治療については、あなたの担当医に確認することが大切です。

あなたは『効果』という言葉で、具体的にどのようなことを頭に思いうかべているのでしょうか。あなたが考えている『効果』と、担当医が予想している『効果』が重なっているかどうかが大切だと思います。
抗がん剤治療の目的が『転移予防』なのであれば、例えば、抗がん剤治療を行った場合と行わなかった場合で、どの程度、転移の可能性に差が出るのか、確認してみてはいかがでしょうか。きちんと説明を受けることで、もう一度納得した気持ちで治療を続けていくことができるかもしれません。

あなたは現在、抗がん剤治療の副作用症状で悩んでいるからこそ、本に書いてあった言葉にこころが揺れているのかもしれません。
もしそうなのであれば、どのようなことで悩んでいるか、担当医に具体的に伝えて相談してみてください。抗がん剤治療は、副作用症状への対処という点でも進歩しています。“抗がん剤治療を受けるんだから、つらくて当然”と思いこんだりしないで、ぜひ一度、担当医につらさを打ち明けてみてください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A