悩み

抗がん剤治療を途中で体力や精神面の限界から中止したが、そのことで悪化や転移につながるのではととても不安だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【ダメージの回復を図る】

がんに有効な治療であっても、からだ全体の負担が大きいと考えられた場合には、治療が続けられないことがあります。
薬の量や使い方、患者さんの病状によって、あらわれる作用・副作用は異なってきます。無理に治療を続ければ、患者さんの体力を消耗してしまいます。患者さんの体全体、生活の過ごし方全体をみて、一番よい状況に整えることが大切です。まずは副作用による体のダメージの回復を図りましょう。経過をみながら、今後の治療について、担当医とよく相談してください。


 
【こころのガス抜きをすることも大切です】

からだだけでなく、こころにもつらさが貯まります。からだとこころのバランスをとっていくために、こころのほうも時々たまってきたつらさを外に出してあげる必要があります。こころの中につらい部分のガス抜きをすれば、きっとこころの負担が軽くなります。
こころのガス抜きは、つらいと感じていることを、言葉にして出してみることです。ご家族や何でも話せる友人、同病者、あるいは看護師、相談室の相談員などに、ご自分の気持ちを話してみましょう。人に聴いてもらうことで気持ちが少し楽になると思います。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後の[がん体験者の悩みQ&A]のコンテンツに役立たせていただきます。なお、個別の回答は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A