悩み

中咽頭のがんの治療が終わりかけて再検査をしている時に食道がんと言われた。なぜ抗がん剤を注射し10か月も入院し、退院して抗がん剤を飲んだのに食道がんになるのか。咽頭がんの薬は他のがんには効かないのだろうか。一生、次のがんがまっているのかと悩んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【いろいろな抗がん剤】

抗がん剤は、たくさんあります。抗がん剤は、どのがんにも効くのではありません。それぞれの抗がん剤には、治療の対象になるがんが決まっています。言い換えれば、がんの種類によって、治療に用いられる抗がん剤の候補がいくつかあります。
また、ある抗がん剤が○○がんに使われているとしても、患者さんの病状によっては、違う治療が行われる場合がありますし、同じ病名、同じ抗がん剤を使っていても、治療の目的が異なる場合があります。


 
【多重がんの増加】

複数の、別の部位に、原発のがんがあることを、多重がん(重複がんとも呼ばれます)と言います。言い換えれば、性質のちがう独立したがんが、複数あるということです。
転移は、原発、つまりもとのがんが別の部位に飛び火することなので、多重がんと異なります。
多重がんは、昔に比べて増えてきています。平均寿命が延びたこと、一つめのがんが治るようになってきたことなどが関係していると考えられます。


 
【頭の中とこころの整理】

お悩みの文章では、ご自分のなかで気になっていること、疑問点が明確になっていると思われます。もし、疑問点が明確になっているのであれば、疑問点や気になる点を担当医に再確認していきましょう。わかったつもりでいても、もう一度頭のなかを整理してみたらよくわからない部分が出てきたというのであれば、時間をとってもらい、特に気になっている点や疑問点を中心にもう一度治療の説明を受けたいとお願いしてみてもよいでしょう。

ただ、一見疑問点などが明確になっているようで、実はそうでない場合もあります。たとえば、これから開始される予定の治療に対しての漠然とした不安感、治療の説明で自分が期待していたような治療方法や治療効果とは異なっていた場合など、頭で理解したり納得する前に、こころがその状況を受け入れがたくなっている場合があります。
あなたの場合は、どうでしょうか。医師からの説明が不十分でしたか。もしご家族が同席されていたら、あなたの理解とご家族の理解は一致していますか。
次から次へ疑問がわき、先の事先の事を考えてしまったり、いろいろなことが頭の中を駆け巡るようであれば、行動を起こす前に、まず人と話をしてみましょう。自分は担当医からどういうふうに病気の状況や治療の説明を受けたのか、その説明を聞いてどう思ったのかなど、人に話をしていくなかで、本当にわからなかったことや、本当はこうしたかったこと、こころの状態などに自分で気づくことがあります。人と話すというのは、ご家族でもいいですし、かかっている病院に相談窓口があれば相談員と話をしてみるという方法もあります。


 
参考になるホームページ
(1) 国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。相談支援センターの名前や問い合わせ先、対応時間などを確認でき、各施設の相談支援センター名を押すと、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。
(2) 国立がん研究センター がん情報サービス:がんの相談
http://ganjoho.jp/public/consultation/index.html
がんに関する心配事や知りたい情報を電話で相談できるがん情報サービスサポートセンターについて、また、がんの相談窓口である『がん相談支援センター』に関する説明などが掲載されています。
(3) 公益財団法人 日本対がん協会:がん相談
http://www.jcancer.jp/
日本対がん協会のホームページです。右側の『がん相談』で、がん相談ホットライン、医師による面接相談、医師による電話相談、社労士による相談の4種類の相談の電話番号があり、ボタンを押すと詳しい説明のページをみることができます。『がん相談ホットライン』は、看護師やソーシャルワーカーが電話でお気持ちを聴いたり、困りごとの相談に対応しています。医師による相談は、電話相談、面接相談とも事前予約が必要になります。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A