悩み

再発し、抗がん剤の治療を続けて4年、つらい治療を続けていく必要があるのか。いつこの治療から手を引こうかと思っている。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【からだのつらさを最小限に】

治療には痛みを伴ったり、発熱や吐き気、食欲不振が出たりとさまざまな副作用があります。
からだとこころは、影響し合いますので、からだのつらい状態が続くと、こころのほうも不安定になってしまうことがあります。
治療の副作用に対しては、できるだけ患者さんの苦痛が少ないように対応していきます。つらいことがあれば、きちんと伝えることも大切です。
治療は、患者さんと医療者の協働作業です。伝えることで、より適切な対応を行うことができるものです。
ご自身でも、治療前、治療中、治療後の体調の変化や副作用の変化を把握することで、つらさを予防したり、やわらげる対策を立てたり、事前の準備や心構えができます。同じ治療を何コースか繰り返す時は特に注意深く、1コースから次のコースまでの体調の変化、副作用の出方、自分自身で試みた副作用への対応(食べやすい食事、吐き気がある時、1番楽な姿勢)等をメモすると、次回治療の際、体調に合わせた対応がしやすくなります。
自分に合った体のつらさ、そしてこころのつらさを軽くする方法をみつけていきましょう。


 
【担当医に伝え、相談する】

自分にとって、現在の治療はどういう意味があるのかをもう一度考え、整理してみましょう。
また副作用のつらさや、治療に関する思いがあれば担当医や看護師に伝えてください。

現在の自分の病状と、これまでの治療の効果、今後の治療のスケジュール(いつまで続ける必要があるのか)等を担当医に確認してみましょう。担当医に今後の治療の見通しを確認することで、具体的な目標設定ができ、気持ちの切り替えができるかもしれません。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A