悩み

今後再発転移した時に、治療の苦痛を覚えているので、その治療に対する恐怖感がある。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【副作用の対策は進んでいます】

以前、がんに関する治療をお受けになった時に、本当につらい体験をされたのではないかとお察しいたします。
がんの治療は進歩しています。がんを治す、という点だけでなく、副作用への対策という点でも、進んでいます。
もし仮に、病気が再発転移した場合であっても、あなたが受ける治療は、以前受けていた治療とは別のものになるかもしれません。
また、たとえ治療の内容自体はそれほど変わらないものであっても、副作用への対策は、あなたが以前治療を受けたときに比べて改善されている可能性が高いのです。
もしいつか、治療の再開が必要になったときには、治療の内容や予想される副作用について、自分の記憶や思い込みで決めつけるのではなく、担当医にきちんと確認するようにしましょう。


 
【こころの専門家や相談員と相談してみる】

ある治療を受けた時につらい思いをしてしまうと、その体験がこころに深く刻まれてしまうことがあります。また、頭の中では忘れたつもりになっていても、つらい体験を体が覚えている、ということもあります。
このようなつらい体験に対する恐怖を、すぐに、完全に取り去ることは、なかなか難しい場合もあります。
ただ、もし気持ちや体の動揺が続き、日常生活にも支障が出てしまうようであれば、一度、こころの専門家(精神科医、心療内科医、心理療法士など)と話してみてはいかがでしょうか。
こころの専門家をいきなり訪ねるのは敷居が高いと感じたり、どこに行けば会えるか分からなかったりする時には、まずは、担当医、おかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター『がん情報サービス』:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
全国のがん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認できます。
(2)国立がん研究センター『がん情報サービス』:がんの相談
https://ganjoho.jp/public/consultation/index.html
がんに関する心配事や知りたい情報を電話で相談できるがん情報サービスサポートセンターについて、また、全国のがん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院、地域がん診療病院にある、がんの相談窓口である『がん相談支援センター』に関する説明などが掲載されています。
(3)公益財団法人 日本対がん協会:がん患者・家族の支援
https://www.jcancer.jp/consultion_and_support
日本対がん協会のホームページです。『がん患者・家族の支援』のページでは、看護師やソーシャルワーカーが対応している『がん相談ホットライン』、事前予約が必要な医師による面接相談、医師による電話相談、社労士による働き方や働くことについての電話相談があります。詳細は、それぞれのページをご覧ください。

 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
お寄せいただいたご意見やご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

注)[がん体験者の悩みQ&A]は、悩み調査結果に基づいて情報提供しており、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。
ご相談がある方は、
●静岡がんセンター「よろず相談
●お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A