悩み

最初のPEIT治療(経皮的エタノール注入療法)の肉体的苦痛に強い衝撃を受け、継続治療に自信をなくしたが、回を重ねるごとに辛抱できるようになった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【治療のつらさは異なる】

PEIT治療の場合も、他の治療と同様で、がんがどの部位にあり、どのくらいの大きさかで注入するエタノールの量も異なりますし、痛みも異なると思います。また、痛みが強い時には、それを和らげる痛み止めなども使うことができます。
治療で過去につらい体験をすると、人間にとってはその体験はこころの奥底に刻み込まれることが多くあります。同じ治療を提示された時には、こういうつらい体験が記憶の底から浮かんできてしまうこともあると思います。
ただ、PEITも、次回が全く同じつらさということはありません。


 
【つらさをきちんと医療者に伝える】

痛みや治療によって起こるさまざまな症状に対して、我慢する必要はありません。医師や看護師にきちんと伝えましょう。痛みなどのいろいろな症状を和らげるさまざまな方法があります。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後の[がん体験者の悩みQ&A]のコンテンツに役立たせていただきます。なお、個別の回答は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A