がん情報ナビ 検索結果

[分類]排泄・人工肛門・人工膀胱

がんの部位
絞込み選択

お知らせ

がんセンター発行の冊子・パンフレット

患者さんのなやみや不安

手術後、便の出が悪くなり、便秘に悩まされ、下剤を飲まなければ便がでない場合もある。

術後、日に何度もある下痢の状態が続き、いつまで続くのかと悩み、心配した。

3回目の手術のときストーマの位置が変わり、凹凸になって装具がつけにくく、はがれやすくて困っている。時々痛みが激しく、将来ストーマの管理について心配だ。

再発して2回目の手術ではストーマを造設することになり、不安と戸惑いもあり大変だった。再々発して現在3回目の手術後1年過ぎたが、ストーマの入口の外・内側にずっと痛みがある。

人工肛門になり、自分の意志で排泄のコントロールができなくなり、長時間の外出等ができなくなった。

さらに表示する>>

クリティカルパス

診療科の紹介

ホームページ内の関連情報

がん情報ナビ

がん情報ナビ