悩み

人工肛門のパウチ(ツーピース)をはがすと、接着部分が皮膚に残ってしまいうまくとれない。上手にとる方法はないか。
人工肛門のパウチ(ツーピース)をはがすと、接着部分が皮膚に残ってしまいうまくとれない。上手にとる方法はないか。(患者本人、不明、2003年版)

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【低刺激性の皮膚専用の剥離剤などを試してみましょう】

パウチの接着剤が皮膚に残ってしまうときには、皮膚専用の剥離剤(リムーバー:商品には○○リムーバーと表示されているものもあります)を使いましょう。専用の剥離剤は、低刺激性で皮膚に優しくできています。剥離剤を使って、皮膚とパウチの面板の間にしみこませて、接着力を弱めてはがします。無理にはがすと皮膚が傷つき皮膚トラブルの原因になるので、注意しましょう。ベンジンは刺激になりますから、使用しないようにしましょう。
溶解してはがすタイプは少し油が混じっていることがあるので、拭き取ったあとは石けんで皮膚を洗うようにしてください。製品は、個包装になったナプキンタイプやリキッドタイプがあり、いくつかの業者から商品として出ています。
ストーマケアの指導をしてもらった看護師などに相談してみるか、わからなければがん診療連携拠点病院の相談支援センターに相談してみてもよいでしょう。また、お近くに人工肛門や人工膀胱などのケアを中心に行うストーマ外来を設置している病院があれば、一度そちらでみてもらい相談してみてもよいでしょう。


 
参考になるホームページ
(1)日本創傷・オストミー・失禁管理学会
http://www.jwocm.org/
『一般の方へ』のページの『ストーマ外来リスト』は、都道府県名を入れてストーマ外来を検索することができます。また、『ストーマ相談』では、『Stoma Care WEB版ストーマ外来ーストーマケア』に、食事、スキントラブル、日常生活、社会資源、装具交換、災害時で分類分けされたさまざまな情報を提供しています。
(2)公益社団法人 日本オストミー協会
http://www.joa-net.org/
日本オストミー協会は、オストメイト(人工肛門・人工膀胱保有者)が安心して暮らせる社会をめざしてさまざまな活動をしている団体です。『ストーマとの生活』には、ストーマについて、種類別の特徴、ストーマ装具について、日常生活のポイント、主な福祉制度、オストメイトの災害対策、ストーマケアの参考書などの情報があります。また、『全国のストーマ外来』、『オストメイト対応トイレ』などの情報提供の他、全国にある『支部一覧』で支部の連絡先を確認できます。『20/40フォーカスグループ』という若い世代のオストメイト同士の交流を図るグループの紹介もあります。
(3)オストメイトJP
https://www.ostomate.jp/
オストメイトJPでは、全国のオストメイト対応トイレを検索することができます。オストメイト対応トイレとは、オストメイトがトイレで、排泄物の処理、ストーマ装具の交換・装着、ストーマ周辺皮膚の清拭・洗浄、衣服・使用済み装具の洗濯・廃棄などができる設備があるトイレです。住所や施設名、駅・鉄道路線、高速道路・道の駅などで検索できます。また、スマートフォン用のアプリ(iPhone版、アンドロイド版)、スマートフォン以外の携帯電話版もあります。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A