悩み

摘出する臓器、周囲のリンパを取るために神経まで切除したが、こんなに排尿できないとは思ってもみなかった。自尿がでるまでに時間がかかり、自信をなくした時期もあった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【多くの人が経験している排尿障害】

広汎子宮全摘の手術を受けた後、排尿障害が起こることがあります。
手術により骨盤内の神経が傷ついてしまうことで、尿意を感じにくい、いきんでも出ない、尿が残る、尿もれするなどの症状が見られます。
術後、排尿障害が見られたとき、回復までの期間は、1ヶ月以内、数ヶ月、1年以上とさまざまです。
手術後、残尿量を測定し、膀胱内に一定以上の量が残っていれば、膀胱訓練や、管を使って排尿する方法などの指導があります。
排尿は、半ば習慣化した行為であり、言い出しにくい内容でもあります。けれども、広汎子宮全摘術を受けられた多くの患者さんが排尿障害を経験しています。「いつになったら戻るのかしら」と、不安が高まるときもあると思いますが、排尿障害について、適切な説明と指導を受けることで、感染予防などの注意点や日常生活の工夫が分かるほか、気持ちも少し軽くなると思います。担当医に相談するとき、症状や回数・量だけでなく、日常生活上どういう不自由があるかを伝えるとよいと思います。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A