悩み

排便回数が多く、遠くへ旅行が出来るか不安だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【大腸・直腸がん術後の排泄】

直腸、肛門を温存できるかによって排便の障害が異なります。
肛門が温存できない場合には、人工肛門(ストーマ)を造設しますが、医療の向上により、直腸がんの手術でも肛門を残す術式が可能になってきました。しかし、便をためておく働きをする直腸が短くなるので、排便回数が多い、一回の排便量が少ない、便意が我慢できないなどが起こります。
排泄(排便・排尿)は一日に数回必要なことであり、排泄行動が思うようにいかないと、日常生活への影響が大きいと思います。また、排泄に関することは、恥ずかしい、不快、情けないといった気持ちにも深く結びついているので、悩みを抱え込みがちになります。


 
【排泄に関する生活上の注意点】

排便の回数は、術後6ヶ月から1年くらいで徐々に改善します。食事や運動など生活のなかで排便のリズムを整えるようにしましょう。食事は、栄養のバランスのよいものを摂るとよいでしょう。アルコール、コーヒー、辛いものなどの刺激物、冷たいものの摂りすぎは、腸の働きを活発にするので控えましょう。
排泄は、身体の調子やこころの状態を反映します。精神的な緊張があると、腸の運動が活発になります。また、周囲の環境の変化にも影響されます。
外出の際は、事前にトイレの場所を把握しておくことで、行動範囲を広げることができるかもしれません。外出や旅行は、よい気分転換になりますし、やりたいことに挑戦してみてください。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A