「がん体験者の悩みQ&A」では、2003年と2013年に実施した全国調査結果を整理して構築したがん体験者の悩みデータベースを公開しています。このデータベースに基づき、がん体験者の方々の悩みや負担をやわらげるための助言や日常生活上の工夫などの情報ツールの作成等を行っています。
なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、お近くの「がん相談支援センター」をご利用ください。

内容から探す

抗がん剤治療の副作用」に関する悩みと助言のうち
「副作用の日常生活への影響」に関する悩みと助言

※下記キーワードで絞込ができます

脱毛 / しびれ・違和感 / 吐き気 / 外見の変化 / 食欲不振・味覚変化 / 粘膜障害 / 下痢・便秘 / 副作用の長期化 / 副作用の日常生活への影響 / [戻る]

よろずの窓

調べたいことを文章や単語で記入して、「検索」ボタンを押してください。

個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

助言 副作用と思われるが、心臓発作や痛み、不整脈で動悸が乱れて、不安が日常生活を脅かしている。
助言 抗がん剤治療中は、通常の日常生活がおくれないので困った。
助言 吐き気とだるさがあり、横になっていると、家族にごろごろしていると思われてつらかった。どうにか日常生活は送っているが、外見では体調が悪いときも周囲にはわからないので無理して動き、つらかった。
助言 抗がん剤の副作用で足の皮膚がいたるところむけて、最後には足の爪もはがれ、今も爪は生えてこない。歩くのも大変で一生ストッキングをはけないと思っていた。
助言 副作用が長期間持続し、不安や焦りを感じている。
助言 抗がん剤投与の副作用による便秘に悩んでいる。
助言 副作用で粘膜障害がひどく、食事がとりづらい。
助言 抗がん剤の副作用で、皮膚が黒ずみ、手荒れがひどく憂鬱である。
助言 抗がん剤治療の副作用で、脱毛や爪の変化など外見が変わってしまい、人に会うのがおっくうで、家にこもりがちになった。
助言 副作用による便秘に苦しめられた。
さらに表示する>>

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A