悩み

抗がん剤治療中は、通常の日常生活がおくれないので困った。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【がんの治療と副作用】

がんの治療は、がんに対しての効果が高く、できるだけからだへの負担が少なくそれぞれの患者さんの生活の質(QOL)を下げないような治療を行えるように研究がすすめられ、新たな治療法や薬も開発されてきています。けれども、手術、放射線治療、抗がん剤治療などの薬物療法等の治療は、がんへの効果を期待するという良い面だけではありません。たとえば、抗がん剤治療では、薬の種類によって様々な副作用があります。また、副作用の出方に個人差もあります。

ここでの『通常の日常生活』というのは、治療を受ける前の生活と、治療を受けながら日常生活を送っている現在の状況を比較してイメージされているのかもしれません。けれども、前述したように、がんの治療は、がんへの効果を期待するという良い面だけではありません。様々な副作用で、からだを動かすのもつらいときがあると思います。
ただ、できるだけ副作用を抑えるような対応が行われています。患者さんそれぞれの副作用症状の出方、実施した対応策の効果を評価しながら、できるだけつらさをやわらげるようにします。
患者さんご自身も、治療中の体調の変化を理解し、副作用を予防したり軽くするための工夫をしてみましょう。担当医や看護師に相談し、アドバイスを得て実行してみてもよいでしょう。
また、抗がん剤治療は、手術や放射線治療と比べると、治療を実施する期間が長く、その時間の長さが負担になってしまったり、副作用がやわらいできたと思ったら次の回の治療の時期というように繰り返すことで、さらにつらい気持ちになることがあります。感じているつらさは、からだのつらさだけではなく、こころのつらさも重なって出てきている場合もあります。


 
【抗がん剤治療中のだるさ等の原因】

抗がん剤治療を続けていらっしゃる方から、よく「からだがだるい」、「日中もすぐ横になりたくなる」、「疲れやすい」などの声を聞くことがあります。
ただし、だるさや易疲労感の原因は、様々です。

原因として、以下のようなことが考えられます。
◎ 抗がん剤の副作用である食欲不振や吐き気による一時的な食事量減少(低栄養状態)
◎ 抗がん剤の副作用(下痢など)による体力の消耗
◎ 治療による体力の消耗
◎ 不眠
◎ 精神的な原因(治療に伴うストレスなど)

原因は一つだけではなく、いくつか重なって起こる場合があります。


 
【治療に伴うからだの変化を理解しましょう】

原因がわかれば、原因にあわせた対応をしていきましょう。
抗がん剤治療による吐き気や食欲不振、下痢等が原因であれば、食事に関して工夫したり、担当医に、吐き気止めや下痢止めなどの使用を含めて相談してみましょう。
また、吐き気や食欲不振、下痢等は、抗がん剤が体の外に出ていくと徐々に落ちついてきます。

漠然と、“食欲がない”、“吐き気がする”、“からだがだるい”、“つらいなあ”ではなくて、自分なりに治療に伴うからだの変化をまず理解しましょう。治療開始前や治療時の体調は毎回全く同じではありませんが、だいたい同じような副作用が同じくらいの時期に出てきて、同じくらいの時期に落ち着きます。
たとえば、治療当日、1日め、2日めと日にちごとに症状や食事量、その他気づいたことなどを書いておき、一つの目安にするとよいでしょう。このとき、つらいところだけではなく、「○日め ○○なら食べられるようになった」とか、「○日め 少しだるさがとれてきた」なども書いておきましょう。そして、治療に伴う自分の体調の変化をつかみ、その変化にあわせて生活を工夫していくようにしてみましょう。
からだのだるさや疲れは、こころの状態とも影響しますので、“今は治療のあとの一番つらい時期だから、日中も横になりたいと思ったときは、やっていることを中断して横になろう”、“そろそろ食事も食べられるし、だるさも少し楽になってきたから、からだを動かし、食事も栄養を意識しながらがんばってすすめてみよう”と区切りをつけていくことが大切だと思います。


 
【生活のリズムを知り、メリハリをつける】

がんの治療を行いながら、日常生活や社会生活を送るというのは、患者さんにとって大変なことだと思います。以前と全く同じ生活は、治療を行っている間は難しいかもしれません。治療の副作用が出て、動きたくても動けないときもあるはずです。これまでの日常生活・社会生活のなかに、がんの治療が組み込まれたわけですから、がんの治療を組み込んだ生活のリズムを身につけていくことを考えていきましょう。

生活のリズムを知り、リズムを調整することを少し意識して行ってみましょう。生活のメリハリというのは、日々の時間の使い方、からだの動かし方等で、治療と日常生活や社会生活に関して、自分の中での重み付けを意識することをいいます。治療でからだがつらいときには、そのつらさをやわらげることをまず第一に考えていきましょう。
そして、副作用から回復してくる時期には、目標をたてて日常生活や社会生活に少し重みをつけた時間を過ごしてみましょう。毎日20分間散歩してみる(からだの調子にあわせて、ゆっくり歩いたり、有酸素運動になるようなウォーキングにしたりと調整をしながら)、家事のなかで○○は毎日行う等です。

また、だるさとか疲労感は、周囲の人にはなかなか伝わりにくいものです。周囲の人に体調の変化を理解してもらい、つらいときは周囲の人にサポートしてもらいましょう。
通院で抗がん剤治療を受けながら、仕事に行ったり、家事をしなければならない場合もあります。特にご家族には、抗がん剤治療を受けた後、自分の場合は、いつ頃こういう状態になる、だから、こういうときは手伝ってもらうこともあるし、何かした後、すぐ横になって休むかもしれないと、わかってもらったほうがよいと思います。がんばりすぎないようにしていくことも大切です。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A