悩み

吐き気とだるさがあり、横になっていると、家族にごろごろしていると思われてつらかった。どうにか日常生活は送っているが、外見では体調が悪いときも周囲にはわからないので無理して動き、つらかった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【医療者やご家族に思いをうちあけ相談してみましょう】

つらいと感じるとき、からだのつらさだけではなく、こころもつらさを感じていることがあります。つらさはそのままにしておくと、出口が見つからず、よけいにからだにもこころにも影響を与えます。
つらさをやわらげるためには、あなた自身が我慢しないで、その苦痛やつらさを周囲にきちんと伝えることが大切です。一人で悩まないで、担当医や看護師、相談窓口などで相談してみましょう。また、あなたが今つらい状態にあるということをご家族に伝えることも大切です。特にだるさなどは、外見からは周囲の人々に分かりにくいものです。
周囲に伝えることで、あなたの周囲の人々は、あなたの状況を理解したり、一緒にそのつらさをやわらげるための方法を考えたりすることができます。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A