悩み

治療のたびに繰り返される副作用に苦しんだ。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【自分の体調とこころの変化を知り、やわらげる方法を実行する】

抗がん剤治療の副作用が出てくる時期は、大体決まっています。ただ、副作用のなかには、回復するものと回復しにくいものがあります。また、抗がん剤治療は、何コースか繰り返し行います。いったん回復した副作用が、次のコースが始まるとまた出てくるので、治療を続けていく中で長く続くような感じがしたり、気持ちが滅入ってしまうことがあります。
副作用の多くは、時期がくれば改善してきます。吐き気やおう吐、食欲不振、下痢や便秘などは回復してくる時期を実感できると思います。一方、手足のしびれなどの神経障害は、抗がん剤治療が終了しても回復するまでに時間がかかりますし、脱毛も抗がん剤治療を行っている間は続きますから、回復まで時間がかかると感じるかもしれません。だるさは、治療そのものによる影響以外に、吐き気や食欲不振などの消化器症状で栄養が十分とれなかったり、様々な副作用で不眠がちになったりなど様々な事柄が影響しますし、こころの状態によってもだるさの感じ方が異なってきます。

副作用のなかには、予防が可能なものとそうでないものがあります。
また、自覚症状としてあらわれるもの以外に、心臓や腎臓、肝臓などからだの臓器に影響を及ぼすものもあります。医師は体の臓器などへの影響も十分考慮しつつ治療をすすめていきます。また医師や看護師は、患者さんのつらさをできるだけやわらげるための対処を行ったり、やわらげる方法を患者さんにお伝えすると思います。副作用で心配なことがあれば、担当医や看護師に相談してみましょう。
また、治療中は副作用などからだの変化を医療者に伝えることも大切です。その際、漠然と「副作用がつらい」と伝えるのではなく、いつ頃から、どういう症状があるのか、具体的に伝えましょう。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:がんの薬物療法
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/drug_therapy.html
薬物療法(化学療法、抗がん剤治療などとも呼ばれます)の概要に関する情報があります。具体的には、投与方法、目的、種類などの情報です。
(2)国立がん研究センター がん情報サービス:化学療法を受ける方へ
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/attention/chemotherapy/index.html
薬物療法(化学療法、もしくは抗がん剤治療とも呼ばれます)を受ける時に、注意する点に関する情報があります。化学療法全般について、投与方法に関すること、副作用・合併症に関する情報があります。
(3)がん情報サイト:PDQ日本語版(米国国立がん研究所のがん情報サービス)
http://cancerinfo.tri-kobe.org/
がん情報サイトには、『PDQ日本語版 がん情報要約』、『がん用語辞書(PDQ』などの情報があります。
『PDQ日本語版 がん情報要』は、治療(成人、小児)、支持療法と緩和ケア、スクリーニング(診断と発見)、予防、遺伝学的情報、補完代替医療の情報があり、それぞれ『患者様向け』と『医療専門家向け』の2つのボタンがあり、より詳しい情報は『医療専門家向け』から得られます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A