内容から探す

「死やがんへの恐れ」に関する悩みと助言

※下記キーワードで絞込ができます

いつまで生きられるか / 死の恐怖 / 

よろずの窓

調べたいことを文章や単語で記入して、「検索」ボタンを押してください。

個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

助言 がんという病名への恐怖と、時に死への恐怖があった。
助言 何かにつけて再発や転移の不安にかられ、検査の時は結果が出るまで不安だった。
助言 死に至るまでの苦しみの過程に恐怖があった。
助言 家族をがんで亡くし、家系的にかかりやすい体質と考えた。
助言 知人ががんで痛みを訴えながら死亡したのを思い出し、あの痛みに耐えて死を迎えねばならないのかと思った。
助言 がんと診断された時、頭の中がパニックになり、あと何年の命とか、先々の事を考えたらとめどなく涙が出て、主人と無言で何時間も過ごした。
助言 がんイコール死と考えた。入院するまで、死ぬのは嫌だと思い、毎日1人で泣いていた。
助言 自己嫌悪に陥り、いつもがんという2文字が頭から離れず、落ち込み、泣いてばかりいた。
助言 新聞記事の同じような体験記事は何度も読み、悪くなるような記事は気持ちも落ち込み、立ち直るには時間がかかる。
助言 いつまで生きられるのか先が見えれば、やりたいことやできることをしていきたいが、医師はそこまでは言ってくれず、大丈夫とだけでは不安だ。
さらに表示する>>

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A