部署紹介

病棟や外来、検査部門など全ての看護部署がご覧いただけます。

部署名をクリックしてください。詳細をご覧いただけます。

部署 主な疾患 看護体制 看護の特徴

病床数
(現在)

10西
病棟
乳がん
[乳腺外科、女性内科、形成外科、呼吸器内科]

2交替
PNS導入

乳がんの外科的療法・化学療法・放射線療法の看護から緩和ケアまで実施しています。
乳がん患者の化学療法や進行再発に伴う創傷ケア、がん性疼痛や呼吸症状への対処療法などの技術を習得できます。
42床
10東
病棟
子宮・卵巣がん
[婦人科、消化器内科]
2交替
PNS導入
婦人科がんの外科的治療、化学療法、放射線治療、終末期までの全過程の看護を行っています。
リンパマッサージや術後の排尿障害の患者指導、在宅支援、家族看護についても学ぶことができます。
42床
9西
病棟
消化管がん
[消化器内科、内視鏡科]
2交替
PNS導入
消化器内科は臨床試験を含む化学療法や放射線治療が主体、その他に在宅療養を目指す退院支援、症状緩和など幅広く看護を学ぶことができます。
内視鏡科は胃・食道のESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の看護が主体で、クリニカルパスを導入しています。
42床
9東
病棟
消化管がん
[消化器内科、内視鏡科]
2交替
PNS導入
消化器内科は化学療法や放射線治療を主体とし、胃ろう造設やHPN(在宅中心静脈栄養)導入による栄養管理指導や在宅支援を実施しています。臨床試験が活発に行われ、消化器がんの最新の化学療法を学ぶことができます。内視鏡科は胃・食道のESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)が主体です。 最新の治療から終末期まで幅広く看護を学ぶことができます。 42床
8西
病棟
胃がん(外科系)・消化管がん(内科系)
[胃外科、消化器内科]
2交替
PNS導入
胃がんの周術期看護を実施しています。ロボット支援手術も数多く行っています。高齢者の周術期管理、合併症予防に注目し、口腔ケアや呼吸器リハビリへの取り組み方法について再検討を重ねています。消化器内科は胃がん、食道がん、膵臓がんを対象に化学療法や放射線療法、症状緩和や在宅での栄養管理(在宅静脈注射指導・経管栄養)の指導や終末期看護まで幅広く看護を展開しています。 42床
8東
病棟
肝・胆・膵がん (外科系)[肝・胆・膵外科、IVR科、内視鏡科] 2交替
PNS導入
肝胆膵外科領域の周術期看護が主体です。
IVR科では肝臓がんの画像誘導下で行う肝動脈化学塞栓術、動注化学療法、ラジオ波焼灼療法の看護を学ぶことができます。
42床
7西
病棟
大腸がん・肝臓がん・皮膚がん
[大腸外科、内視鏡科(下部)、IVR科、皮膚科]
2交替
PNS導入
病棟の約50%は大腸がんの周術期の患者さんです。国内でロボット支援手術をいち早く導入し成果をあげています。大腸がんの周術期看護を集中して学ぶことができます。病棟には皮膚・排泄ケア認定看護師が所属していて、難渋するストマケアの問題にもすぐに対応しています。病棟看護師のストマケアのスキルアップにもつながっています。 42床
7東
病棟
脳腫瘍・膀胱癌・前立腺癌・腎癌
[脳神経外科、泌尿器科、IVR科、検診科]
2交替
PNS導入
検査・診断から周術期、化学療法や放射線療法、そして終末期とそれぞれの病期の患者さんに継続的に関わり学びを深めることができます。泌尿器科ではストマケアの技術を習得できます。 42床
6西
病棟
頭頸部がん・食道がん・舌がん・甲状腺がん
[頭頸部外科、食道外科、再建・形成外科、歯科口腔外科、眼科、原発不明科]
2交替
PNS導入
話す、聞く、食べる、呼吸するといった人間にとって重要な器官にがんが発症するため、話すことや食べることへの支援が重要になります。手術、放射線治療、化学療法などさまざまな治療法を組み合わせた治療と看護を行っています。経腸栄養管理、口腔ケア、嚥下訓練、気管カニューレ管理、失声患者への対応などの看護技術を深めることができます。 42床
6東
病棟
骨肉腫・小児がん・血液疾患
[整形外科、小児科、AYA病床]
2交替
PNS導入
転移性骨腫瘍の患者の治療が多く、日常生活支援や退院調整や指導を看護師が行っています。原発性骨腫瘍の治療は術前化学療法、周術期、術後化学療法まで治療や看護についてじっくり学ぶことができます。
小児科では、子供の発達や成長段階に合わせた看護や子供を中心とした家族看護について学びを深めることができます。
38床
5西
病棟
肺がん
[呼吸器外科、呼吸器内科]
2交替
PNS導入
肺がんを主体として、手術療法、化学療法、放射線治療を受ける患者さんの看護を行っています。胸腔ドレーン管理や呼吸器系の症状緩和や在宅支援を学ぶことができます。患者さんの未来につながる臨床試験(治験)にも積極的に取り組んでいます。 42床
5東
病棟
肺がん・心疾患・腎疾患・神経難病
[呼吸器外科、呼吸器内科、循環器科、神経内科、腎・内分泌・代謝科]
2交替
PNS導入
肺がんの外科的治療と化学療法、放射線療法、症状緩和などの入院患者が約8割を占めています。呼吸器内科では、化学療法の件数が多く、新規の抗がん剤が数多く導入されています。化学療法の基礎から最新の知識まで看護を深めることができます。
その他には心臓疾患、神経難病、腎臓病などの疾患が約2割です。また、循環器や神経疾患などがん専門病院では学ぶ機会が少ない疾患についても学習できる環境にあります。
42床
4西
病棟
[緩和医療科] 2交替
PNS導入
主にがん終末期の患者さん、ご家族に対して身体やこころの辛さをできるだけ取り除き、「その人らしさ」を大切にしながら毎日ケアを考えています。症状緩和、終末期の看護、家族看護を学ぶことができます。 25床
4東
病棟
血液疾患
[血液・造血幹細胞移植科]
2交替
PNS導入
造血器悪性腫瘍の治癒を目指す積極的治療に取り組んでいます。造血幹細胞移植療法は年間50~60件行っています。同種及び自家移植前後の看護を集中して学ぶことができます。また、血液がんを対象とした化学療法も数多く実施しています。実践からスキルアップにつなげることが可能です。 37床
別棟
緩和ケア
病棟
[緩和医療科] 2交替
PNS導入
患者さんやご家族の身体的・心理的・社会的なつらさを緩和し、自分らしい生き方、考え方を大切に過ごせるようケアを行っています。 症状緩和、終末期の看護、家族看護を学ぶことができます。 25床
GICU 2交替
3交替
入室対象患者は、全身麻酔手術後の患者さんがほとんどです。その他に、病状の急激な悪化に伴い呼吸器管理や全身管理を必要とする場合やPCI(軽皮的冠動脈形成術)後、血液浄化療法の目的で入室されます。看護師の役割は、手術直後や重症患者さんの状態観察、異常の早期発見、ドレーンや装着機器の管理、苦痛と不安の緩和 が中心です。複数の診療科の患者さんや重症患者さんに関わるため看護師としての実践能力を高めることが可能です。そして大きな不安をかかえた家族に焦点をあてた看護も心を込めて行っています。 20床
手術室  - 日勤
遅出
オンコール
13の手術室を備え、1日平均20件前後の手術を行っています。2018年の年間手術件数は4500件を超えています。手術内容はがんの根治手術が中心ですが、他に形成の再建術や生体組織診断を行っています。
手術室看護師として最先端の手術や周術期看護を学ぶことができます。また、手術介助の技術を集中して高めることができます。
中央診療 日勤
日当直
オンコール
中央診療は、内視鏡室・画像診断・放射線陽子線治療センターの3部門から成り立っています。
内視鏡室では内視鏡を用いた消化器・呼吸器領域の検査や内視鏡治療、画像診断では肝臓がんや循環器疾患感で行われるカテーテル検査や血管内治療の介助技術や看護を学ぶことが出来ます。
放射線・陽子線治療センターでは治療完遂を目指し、症状マネジメントやセルフケア支援を学ぶことができます。
いずれの部署も患者さんに安心・安全な検査や治療、看護を提供すべく取り組んでいます。
専門外来 日勤
日当直
34の診療科と抗がん剤以外の注射・点滴、腹水穿刺などの処置を行う処置センターで構成されています。
外来部門には、一日平均1000人の患者さんと家族が来院されます。看護師は医師の診療がスムーズにいくための調整とともに、在宅での治療やセルフケアの実施状況の評価と再始動、患者家族支援センターや在宅支援部門と連携し患者さんと家族が安心して日常生活が過ごせるよう支援を行っています。
化学療法
・支持療法
センター
日勤
日当直

外来部門に位置し、化学療法センターは46床で、通院で抗がん剤治療や輸血を行う患者さんを1日平均95人前後対応しています。新規抗がん剤や治験の投与に関わることもでき、最新の化学療法看護と支持療法を学ぶことができます。支持療法センターは16床で、抗がん治療(手術・放射線・化学療法)の有害事象による影響を緩和し体調を整えるための注射や点滴、苦痛症状を緩和する処置(腹腔穿刺、胸腔穿刺、皮膚ケアなど)、在宅での医療処置が必要となる患者家族への指導、ホルモン療法など、1日平均65人前後の患者さんの対応を行っています。両センターともに患者さんとご家族のセルフケア能力を最大限に活かして在宅療養が継続できるように、関連部署と連携して、患者さん家族を徹底支援することを大切に実践しています。

62床
かるがも
センター
  入職者に向けた看護技術を中心とした教育活動。
[対象]
新人看護師、既卒入職・中途採用看護師の看護技術トレーニング。