「がん体験者の悩みQ&A」では、2003年と2013年に実施した全国調査結果を整理して構築したがん体験者の悩みデータベースを公開しています。このデータベースに基づき、がん体験者の方々の悩みや負担をやわらげるための助言や日常生活上の工夫などの情報ツールの作成等を行っています。
なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、お近くの「がん相談支援センター」をご利用ください。

経過にそった悩み



初めての受診 - 検査を受ける・検査結果を聞く -

印刷用表示

Q.「診断までの検査期間が長く、検査結果を聞くまでは不安と恐怖でいっぱいだった。」
検査結果をどう聞くか
検査結果を聞くときには、できるだけご家族や親しい方に同席してもらって、一緒に話を聞くようにしましょう。一緒に話を聞いてくれる人がいるのは心強いですし、後で説明の内容を確認しあうことで、理解が深まります。
検査結果を聞くまでの間、よい場合、悪い場合、いろいろなことを考えてしまうのは、あなただけではありません。多くの方が同じ気持ちで過ごしています。
たとえ検査結果が厳しい内容になった場合にも、担当医はどうすることがあなたにとって最善か、一緒に考えてくれるはずです。また、必要に応じて、こころのケアの専門家によるサポートを受けることもできます。
 

Q.「検査が苦痛だ。」
検査を行う理由を確かめる
検査には、つらい姿勢を保ったり、放射線を使ったりするという体への負担のほか、時間的な負担、経済的な負担がつきものです。このような患者さんの負担を考慮して、担当医は病気の状態や性質を十分に検討した上で、“これだけは、どうしても必要”と考える種類・回数に絞って検査を指示します。
言い換えれば、あなたが受けるように指示される検査は、それに先だって行われた検査の結果や、これまでの病状の経過から、今後の治療方針を決めるために、ぜひ受けておいた方が良い、と担当医が考えた検査なのです。
もし検査に負担を感じるようであれば、担当医にその検査を行う理由を尋ねてみてください。理由がはっきり理解できれば、検査に対するあなたの気持ちも変化するかもしれません。
(更新日:2019年2月25日)
 

参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター『がん情報サービス』:それぞれのがんの解説
https://ganjoho.jp/public/institution/consultation/index.html
トップページの『病名から探す』の項目から絞り込み、それぞれのがんの解説があります。
(2)Minds(マインズ)ガイドラインライブラリ:診療ガイドライン
https://minds.jcqhc.or.jp/
厚生労働省の委託事業で、公益財団法人 日本医療機能評価機構が運営する医療情報サービス。多くの診療ガイドラインが掲載されています(がんだけではなく、さまざまな疾患のガイドラインが掲載されています)。医療提供者向けの診療ガイドラインと、一般の方向けのガイドラインの解説があります。



ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


外部サイトの役立つリンク集

がんに関する知識
国立がん研究センター『がん情報サービス』
https://ganjoho.jp


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A