クリティカルパスについて

クリティカルパスは医療の工程表であり、横軸に時間経過、縦軸にアウトカム(目標)、治療、検査、観察、指導などを並べ一覧表としてまとめたものです。即ち、同一の疾患に対しては、治療前から治療後に亘って同一の医療行為が行われる事を示しています。
予め標準化された治療行為を計画する事により、医療の質の向上、患者さんの満足度の向上のみならず、安全性の向上にも寄与する事から、我が国でも1990年代以降急速に普及しています。当院では患者さん用のクリティカルパスを入院前にお渡ししていますので、治療の内容や予定を前もって知る事ができます。本ホームページでは当院で使用している患者さん用クリティカルパスのなかで代表的なものを掲載しています。

頭頸部外科
食道外科
呼吸器外科
胃外科
大腸外科
肝・胆・膵外科
乳腺外科
婦人科
泌尿器科
皮膚科
整形外科
消化器内科
血液幹細胞移植科
内視鏡科
IVR科

診療案内

診療案内