静岡分類から探す

3.1.1.5医師との治療方針の不一致

 該当した悩みが21件あります (1/3頁) 前頁次頁

よろずの窓

調べたいことを文章や単語で記入して、「検索」ボタンを押してください。

個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

助言 手術方法の選択で、担当医師と意見が分かれ悩んだ。
助言 患者会に入会し、必ず治してみせると誓って生活しているが、医者や病院の治療方針と異なる点が多くあるため、一方が絶対に正しいと言い切れるまでに至っておらず、その点が悩みである。
助言 副作用について医師の詳しい説明もなく、自分で調べて服用しないことを選んだ。これに対して理解を得られず転院を申し出たが、「治療方針が決まっており、薬物療法後の放射線治療まで終わってから考えて欲しい」と言われた。
  広汎摘出をしたくなかったが、3か所の病院で広汎を勧められ、こちらの言うことに否定的だった。
  子どもを産める年齢だったので、もっと医師には手術の選択ということを提案して欲しかった。
  ハーセプチンの使用を希望したが、再発でないと使えないと言われてしまった。
  抗がん剤治療中、思うように病状が良くならない頃、新薬を知り使用を希望したが、未知だという理由で断られてしまい、自分にとっては最後の手段だったので悩んだ。
  副作用のためインターフェロンが使えなくなり、グリベック治療を医師に推薦してくれるよう頼んだが断られてつらかった。
  7㎜という小さい状態で発見したのに、全摘手術を勧められ納得できなかった。何とか温存手術を受けられないかと悩み奔走した。
  治療について主治医と意見の相違があり、結局4分の1切除でさらにがん細胞があれば1週間後に全摘と言われ、結果の出る1週間はとても落ち込んだ。

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A