患者・家族支援研究部

がん患者さんが安心して生活できる地域社会の実現を目指した研究をします。

研究内容・課題

研究内容(目的)

がん患者さんや家族は、がんに対し身体的、精神的、また経済的・社会的な悩みや不安を抱えながら、がん治療を受けられています。

私たちは、がん患者さんや家族の悩みや負担を “生の声”を聴き、悩みや不安を分析し、それらを軽減する包括的・全人的な支援の方法(システム/ツール)を開発・提供することを目指しています。

研究課題(目的を達成するための方法)

(1) 患者視点による悩みや負担等の実態把握

がん体験者の悩みや負担等の実態を把握する全国大規模調査を2回行いました。第一次調査である2003年の調査結果(患者の生の声である悩みや負担の自由記述データ)は、がん体験者の悩みの分類法である“静岡分類法”を用いて体系化し、悩みのデータベースをインターネットで公開しています。

(2) 患者や家族のための情報支援ツールの開発

悩みのデータベースを基盤とした患者家族のための情報支援ツールの一つとして、Web版がんよろず相談Q&Aサイト(「がん体験者の悩みQ&A」に改修 https://www.scchr.jp/cancerqa/)を公開しました。このサイトでは、患者さんや家族が、地域で安心して医療を受け、暮らしていくためのさまざまな情報を提供しています。
また、高齢者などインターネットに不慣れな方々に向けた情報提供として、暮らしやこころなどに関する冊子を発行しています。

ページトップに戻る

研究スタッフ

患者家族支援研究部 部長 石川 睦弓 (いしかわ むつみ)

56001 E-mail m.ishikawascchr
専門分野 がん患者・家族支援、サバイバーシップ、情報支援ツールの作成や開発

 

ページトップに戻る

研究成果

ホームページコンテンツ

冊子

ページトップに戻る

研究活動

研究活動