新規薬剤開発・評価研究部

がん薬物療法における治療成績の向上を目指した研究をします。
関係ページへのリンク

研究内容・課題

研究内容(目的)

従来型の抗がん薬による治療効果は限定的であり、がんの特性を標的とする薬(分子標的薬)の開発は急務です。しかし、現在この恩恵を受けることができるのは、特定のがんの一部の患者さんに限られています。

私たちは、新たな分子標的薬の開発と、どのような患者さんに効果があり、また副作用が出やすいかを判断することができるマーカーの探索を行っています。

研究課題(目的を達成するための方法)

(1) プロジェクトHOPE(がんのマルチオミクス解析)

プロジェクトHOPEで明らかになった腫瘍特異的な遺伝子変異の機能解析を行います。それにより、新たな治療標的または治療効果の評価に活用可能な遺伝子変異を見つけ出します。

(2) がん細胞の代謝を標的とした薬剤の開発

がん細胞は正常細胞とは違った代謝を行っています。
細胞内の代謝物を一斉に測定することで、がん細胞における特殊な代謝を探索します。そしてその代謝を標的とした薬剤の開発を試みます。

(3) 低侵襲で、腫瘍特異的遺伝子変異を検出する技術の開発

がん組織から放出されたDNAは血中に存在しています(血中遊離DNA)。これを調べることにより、がんの遺伝子変異を検出することができます。血中遊離DNAは、採血のみで採取可能ですが、非常に微量しか血液中に存在しません。
そこで、血中遊離DNAの遺伝子変異を検出するための高感度な検査法の開発を行っています。この技術により、がん組織の遺伝子の状態の変化を把握することができるため、治療効果を判定したり、適切な治療法を選択したりすることができます。

ページトップに戻る

研究スタッフ

新規薬剤開発・評価研究部 部長(兼任) 楠原 正俊(くすはら まさとし)

54001 E-mail m.kusuharascchr
専門分野 メタボロミクス
医療におけるニオイ・香りの研究

 

新規薬剤開発・評価研究部 主任研究員 芹澤 昌邦(せりざわ まさくに)

55001 E-mail m.serizawascchr
専門分野 がん分子生物学、ゲノム医科学、分子標的治療法の開発、がん代謝標的療法の開発、低侵襲遺伝子診断技術の開発

 

新規薬剤開発・評価研究部 非常勤職員 齋藤 淳子(さいとう じゅんこ)

55002 E-mail ju.suzukiscchr
専門分野 次世代シーケンサー等を用いたがんの遺伝子解析

 

新規薬剤開発・評価研究部 非常勤職員 成岡 茜(なるおか あかね)

55003 E-mail a.naruokascchr
専門分野 がん分子生物学、がんゲノム生物学

 

新規薬剤開発・評価研究部 非常勤職員 梅原 里奈(うめはら りな)

55004 E-mail ri.umeharascchr
専門分野 がん分子生物学、がんゲノム生物学

 

ページトップに戻る

研究成果

論文

1. Serizawa, M., Yokota, T., Hosokawa, A., Kusafuka, K., Sugiyama, T., Tsubosa, Y., Yasui, H., Nakajima, T., Koh Y. The efficacy of uracil DNA glycosylase pretreatment in amplicon-based massively parallel sequencing with DNA extracted from archived formalin-fixed paraffin-embedded esophageal cancer tissues. Cancer Genet. 2015 208:415-427.

2. Kenmotsu, H., Serizawa, M., Koh, Y., Isaka, M., Takahashi, T., Taira, T., Ono, A., Maniwa, T., Takahashi, S., Mori, K., Endo, M., Abe, M., Hayashi, I., Nakajima, T., Ohde, Y., Yamamoto, N. Prospective mutational profiling of squamous cell lung cancer and adenosquamous carcinoma in Japanese patients by multitarget assays. BMC Cancer. 2014, 14:786.

3. Ono, A., Kenmotsu, H., Watanabe, M., Serizawa, M., Mori, K., Imai, H., Taira, T., Naito, T., Murakami, H., Nakajima, T., Ode, Y., Endo, M., Yamamoto, N., Koh, Y., Takahashi, T. Mutant allele frequency predicts the efficacy of EGFR-TKIs in lung adenocarcinoma harboring the L858R mutation. Ann Oncol. 2014, 25:1948-1953.

4. Shukuya, T., Serizawa, M., Watanabe, M., Akamatsu, H., Abe, M., Imai, H., Tokito, T., Ono, A., Taira, T., Kenmotsu, H., Naito, T., Murakami, H., Takahashi, T., Endo, M., Ohde Y., Nakajima, T., Yamamoto, N., Koh, Y. Identification of actionable mutations in malignant pleural mesothelioma. Lung Cancer. 2014, 86:35-40.

5. Akamatsu, H., Koh, Y., Kenmotsu, H., Naito, T., Serizawa, M., Kimura, M., Mori, K., Imai, H., Ono, A., Shukuya, T., Taira, T., Murakami, H., Ohde, Y., Endo, M., Nakajima, T., Takahashi, T., Yamamoto, N. Multiplexed molecular profiling of lung cancer using pleural effusion. J Thorac Oncol. 2014, 9:1048-1052.

6. Serizawa, M., Kusuhara, M., Zangiacomi, V., Urakami, K., Watanabe, M., Takahashi, T., Yamaguchi, K., Yamamoto, N., Koh, Y. Identification of metabolic signatures associated with erlotinib resistance of non-small cell lung cancer cells. Anticancer Res. 2014, 34:2779-2787.

7. Serizawa, M., Murakami, H., Watanabe, M., Takahashi, T., Yamamoto, N., Koh, Y. Peroxisome proliferator-activated receptor γ agonist efatutazone impairs transforming growth factor β2-induced motility of epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor-resistant lung cancer cells. Cancer Sci. 2014, 105:683-689.

8. Serizawa, M., Koh, Y., Kenmotsu, H., Isaka, M., Murakami, H., Akamatsu, H., Mori, K., Abe, M., Hayashi, I., Taira, T., Maniwa, T., Takahashi, T., Endo, M., Nakajima, T., Ohde, Y., Yamamoto, N. Assessment of mutational profile of Japanese lung adenocarcinoma patients by multitarget assays: a prospective single-institute study. Cancer. 2014, 120:1471-1481.

9. Wakuda, K., Kenmotsu, H., Serizawa, M., Koh, Y., Isaka, M., Takahashi, S., Imai, H., Akamatsu, H., Ono, A., Taira, T., Naitou, T., Murakami, H, Mori, K., Endo, M., Nakajima, T., Ohde, Y., Takahashi, T., Yamamoto, N. Molecular profiling of small cell lung cancer in Japanese cohort. Lung Cancer. 2014, 84:139-144.

10. Akamatsu, H., Kaira, K., Murakami, H., Serizawa, M., Koh, Y., Ono, A., Shukuya, T., Tsuya, A., Nakamura, Y., Kenmotsu, H., Naito, T., Takahashi, T., Endo, M., Harada, H., Nakajima, T., Yamamoto, N. The impact of clinical outcomes according to EGFR mutation status in patients with locally advanced lung adenocarcinoma who received concurrent chemoradiotherapy. Am J Clin Oncol. 2012, 37:144-147.

11. Kaira, K., Serizawa, M., Koh, Y., Takahashi, T., Yamaguchi, A., Hanaoka, H., Oriuchi, N., Endo, M., Ohde, Y., Nakajima, T., Yamamoto, N. Biological significance of 18F-FDG uptake on PET in patients with non-small-cell lung cancer. Lung Cancer. 2014, 83:197-204.

12. Serizawa, M., Takahashi, T., Yamamoto, N., Koh, Y. Genomic aberrations associated with erlotinib resistance in non-small cell lung cancer cells. Anticancer Res. 2013, 33:5223-5233.

13. Serizawa, M., Takahashi, T., Yamamoto, N., Koh, Y. Combined treatment with erlotinib and a transforming growth factor-β type I receptor inhibitor effectively suppresses the enhanced motility of erlotinib-resistant non-small-cell lung cancer cells. J Thorac Oncol. 2013, 8:259-269.

ページトップに戻る

研究活動

研究活動