地域資源研究部

香りを用いて医療現場を改革する研究をします。
関係ページへのリンク

研究内容・課題

研究内容(目的)

病院には、医療に伴うニオイ(病気、薬剤など)だけでなく、生活のニオイ(食事、尿、便、体臭、芳香剤、洗剤など)などさまざまなニオイがあります。人はニオイに非常に敏感ですが、個人個人によって感じ方が異なります。そのためニオイの効能については客観的評価が難しいのが現状です。

私たちは、香り・ニオイを科学として医療現場に応用するための研究をしています。

研究課題(目的を達成するための方法)

(1) プロジェクトHOPE(がんのマルチオミクス解析)

プロジェクトHOPEでは、メタボロミクス解析によりがん組織における代謝の変化を明らかにする研究をしています。

(2) 香り・ニオイ

(ァ) 病気に伴うニオイ
乳がん・子宮がん患者さん、特に終末期の強いニオイ(病臭)を分析し、モデル臭を作成しました。そのモデル臭を用いて、消臭のための製品づくりをしています。
研究室で病臭モデルシステムを構築し、病臭の発生メカニズムを研究しています。

また、病臭を客観的に評価できれば、より良いケアができると考え、ベッドサイドで使用できる病臭測定装置の開発を行っています。

(ィ) 療養空間におけるニオイ
がん終末期のニオイの問題を解決するために、消臭のための製品づくりをしています。部屋全体を換気する強力な脱臭器の開発をしています。
病院では薬剤(特にアルコール)が大量に存在し、他のニオイと混ざり合って不快なニオイとなっています。病院内の色々な場所での環境中のニオイ成分を分析し、その対応法を検討しています。

さらに、消臭・無臭という消極的な姿勢ではなく、アロマなどの環境のニオイが体にどのような影響を与えるのかという積極的な効果を研究しています。

(ゥ) 地域の産物の香りを生かした製品
静岡県や伊豆地方の特産物を利用し、香りを生かした製品づくりをしています。
地元で作られたハーブ、たちばな、緑茶、静岡がんセンターのバラ園のハマナスなどの香りを利用した製品を作ってきました。

ページトップに戻る

研究スタッフ

地域資源研究部 部長(兼任) 楠原 正俊(くすはら まさとし)

54001 E-mail m.kusuharascchr
専門分野 メタボロミクス
医療におけるニオイ・香りの研究

 

地域資源研究部 非常勤職員 玉井 英子(たまい えいこ)

54003 E-mail e.tamaiscchr
専門分野 医療におけるニオイ・香りの研究
香りによる癒し効果

 

地域資源研究部 非常勤職員 桜井 和俊(さくらい かずとし)

54002 E-mail k.sakuraiscchr
専門分野 医療におけるニオイ・香りの研究

 

地域資源研究部 技術員 益田 葉子

ページトップに戻る

研究成果

開発製品

乳がん病臭のモデル臭の作製(高砂香料工業)
子宮がん病臭のモデル臭の作製(高砂香料工業)
デオドラントケアシート(トライカンパニー)
デオドラントケアスティック(トライカンパニー)
デオドラントケアパッド(トライカンパニー)
給水機能付き消臭パッド(ユニオン昭和)
病臭測定装置(東海電子)
足浴用ハーブ(トライカンパニー、落合ハーブ)
たちばな茶(戸田ドットコム)
緑茶香(万城食品、静岡県工業技術研究所)
pro’s choice(サンスター)

論文

1. Urakami K., Zangiacomi V., Akihiro K., Kusuhara M., Yamaguchi K.、 Quantitative metabolome profiling of Illicium anisatum by capillary electrophoresis time-of-flight mass spectrometry., Biomedical Research., 31(2):161-163, 2010
2. Shibamoto K., Mochizuki M., Kusuhara M., Aroma Therapy in Anti-Aging Medicine., Anti-Aging Medicine, 7(6):55-59, 2010
3. Yamazaki S., Hoshino K., Kusuhara M., Odor Associated with Aging., Anti-Aging Medicine, 7(6):60-65, 2010
4. Kusuhara M., Urakami K., Zangiacomi V., Hoshino K., Disease and Smell “Byoshu”., Anti-Aging Medicine, 7(6):66-72, 2010
5. Mochiduki N., Iida K., Kusuhara M., Kotani I.、 Case report; a case of cardiac tumor diagnosed with Erdheim-Chester disease.、 Nihon Naika Gakkai Zasshi., 100(11):3322-3324, 2011.
6. Kusuhara M., Urakami K., Masuda Y., Zangiacomi V., Ishii H., Tai S., Maruyama K., Yamaguchi K., Fragrant environment with α-pinene decreases tumor growth in mice., Biomed Res, 33(1):57-61, 2012.
7. Urakami K., Zangiacomi V., Yamaguchi K., Kusuhara M., Impact of 2-deoxy-D-glucose on the target metabolome profile of a human endometrial cancer cell line., Biomed. Res, 34(5):221-229, 2013.
8. Serizawa M., Kusuhara M., Zangiacomi V., Urakami K., Watanabe M., Takahashi T., Yamaguchi K., Yamamoto N., Koh Y., Identification of Metabolic Signatures Associated with Erlotinib Resistance of Non-small Cell Lung Cancer Cells., Anticancer Res, 34(6):2779-2787, 2014.
9. Vincent Z., Urakami K., Maruyama K., Yamaguchi K., Kusuhara M., CD133-positive cancer stem cells from Colo205 human colon adenocarcinoma cell line show resistance to chemotherapy and display a specific metabolomic profile., Genes & Cancer., 5(7-8):250-260, 2014.
10. Yamaguchi K., Urakami K., Ohshima K., Mochizuki T., Akiyama Y., Uesaka K., Nakajima T., Takahashi M., Tamai S., Kusuhara M., Implementation of individualized medicine for cancer patients by multiomics-based analyses—the Project HOPE—., Biomedical Research., 35(6):407-412, 2014.
11. Saga I., Shibao S., Okubo J., Osuka S., Kobayashi Y., Yamada S., Fujita S., Urakami K., Kusuhara M., Yoshida K., Saya H., Sampetrean O.,Integrated analysis identifies different metabolic signatures for tumor-initiating cells in a murine glioblastoma model., Neuro Oncol., 16(8):1048-1056, 2014.
12. Akiyama Y., Iizuka A., Kume A., Komiyama M., Urakami K., Ashizawa T., Miyata H., Omiya M., Kusuhara M. and Yamaguchi K., Effect of STAT3 Inhibition on the Metabolic Switch in a Highly STAT3-activated Lymphoma Cell Line., Cancer Genomics & Proteomics., 12(3):133-142, 2015.
13. Urakami K., Shimoda Y., Ohshima K., Nagashima T., Serizawa M., Tanabe T., Saito J., Usui T., Watanabe Y., Naruoka A., Ohnami S., Ohnami S., MocizukiT., Kusuhara M., and Yamaguchi K., Next generation sequencing approach for detecting 491 fusion genes from human cancer., Biomedical Research., 37 (1):51–62, 2016.
14. Serizawa M., Kusuhara M., Ohnami S., Nagashima T., Shimoda Y., Ohshima K., Mochizuki T., Urakami K., Yamaguchi K., Novel Tumor-specific Mutations in Receptor Tyrosine Kinase Subdomain IX Significantly Reduce Extracellular Signal-regulated Kinase Activity.,Anticancer Res., 36(6):2733-44, 2016.

1. 楠原正俊、ファルマバレーセンターというソリューションーアイディアを形にー、生体医工学、48(6):549-553、2010.
2. 望月直穂、飯田圭、楠原正俊、小谷泉、心臓腫瘍を契機に診断されたErdheim-Chester diseaseの1例、日本内科学会雑誌、100(11):3322-3324、2011
3. 楠原正俊、森林の香り成分α‐ピネンによるがん抑制効果、月刊バイオインダストリー、29(12)、41-46、2012
4. 楠原正俊、癌・腫瘍学 ニオイと疾患、医学のあゆみ、245(4):311-312、2013
5. 楠原正俊、浦上研一、益田葉子、飯沼むつみ、青木和恵、白井文晴、医療現場におけるニオイと対策、Aroma Research、14(1):37-43、2013
6. 窪孝充、近藤俊一、中嶋大晃、飯田圭、村岡直穂、玉井直、楠原正俊、冠動脈ステント留置におけるプラーク面積と血管面積の関係、Clinical Engineering、24(8):877-883、2013
7. 楠原正俊、医療現場におけるニオイの対策、におい・かおり環境学会講演要旨集、26:-11、2013
8. 楠原正俊、がん患者のニオイ(病臭)対策、日本医事新報、4703:57、2014
9. 楠原正俊、益田葉子、飯沼むつみ、松見しのぶ、医療機関におけるニオイと対策、クリーンテクノロジー、24(5):53-55、2014
10. 池ヶ谷篤、池上保、小岱正、楠原正俊、がん患者の生活の質の向上を目指した緑茶蒸留液の実用化、Aroma Research、17(2):73-79、2016

ページトップに戻る

研究活動

研究活動