静岡分類から探す

5.1.1.1告知の仕方や配慮に関する不満

 該当した悩みが27件あります (1/3頁) 前頁次頁

よろずの窓

調べたいことを文章や単語で記入して、「検索」ボタンを押してください。

個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

助言 告知に関する話し方、タイミング等の配慮が全くなく、あまりにも事務的すぎて我が耳を疑った。
助言 医師からの告知が、どの程度のがんなのか曖昧な説明だった。他人事ではなく、もう少し患者の身になって説明してほしかった。
助言 ひとりで病院へ行ったときにがんと告知され、大きなショックを受けたことを覚えている。がんイコール死というのが頭にあり、もっと違う告知の仕方があるのではないかと思った。
  がんかどうか何回も尋ねたが、医師がはっきりと答えてくれなかった。
  仕事中に病院から電話が入り、突然の告知で不安になった。
  再検査で医師にいとも簡単にがんだと言われとてもショックだった。
  検査の結果、先生にいきなり「がん」だと言われ、自分の今後の道がわき道へとそれていくような不安があった。
  再検査先でいきなりがんと言われ、頭の中が真っ暗になった。医師の説明は、よくよく考えて言ってほしかった。
  検査の結果が大変深刻な疑いがあるものだったが、告げられた時、診察室のカーテンの外に何人もの人がいて、問題だと思った。
  医師からがんという言葉は聞かれなかったが、手術の際に用紙に「転移性肝臓がん」と書かれてあり、ショックを受けた。

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A