静岡分類から探す

3.1.1.3情報・知識不足のため治療選択が難しい

 該当した悩みが66件あります (1/7頁) 前頁次頁

よろずの窓

調べたいことを文章や単語で記入して、「検索」ボタンを押してください。

個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

助言 事前に正確な知識を得て、落ち着いて治療法を選択すべきだったと後悔した。
助言 治療を選択する時、判断する資料や説明が少なく非常に不安だった。
助言 医師の説明を聞き、治療方法についてどの治療方法が良いか分からず、知識がないため決断できず悩んだ。
助言 がんについての知識がないため、医師に質問もできず、あわてて治療法を決めてしまった。
助言 病気、治療についての勉強が足りず、医師の言うとおりだったので、自分が納得して治療を受けていればこんなに悩まなかったと思う。
助言 今後の治療について、大まかな方向付けは病院でしてくれるが、患者側にたった悩みは立ち入らないので、自分で学習して選択しなくてはならず、知識がないだけに不安が大きい。
助言 化学療法の有効性と副作用が非常に気になり、自分にとってそれは適切なのか、他の選択肢と比べて選ばれた理由は何か、有効でなかったらどんな治療が行われるのか、副作用は、セカンドオピニオンを聞くべきかどうかなど、知りたいことが多く出てきた。
助言 胸膜に転移したが、情報が少なく治療を選択する上での標準となるものがなく困った。
助言 治療の選択をするよう言われたが、情報も時間も無く動転している状態では難しかった。
  半分かける思いで放射線治療を選んだが、もう少し余裕を持って調べればと思った。

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A