見舞客の不用意、あるいは無配慮な言葉や態度によるつらさや不快感

入院中に周囲の人がお見舞いに来て、病人にされた気がして、自分は元気なのにと思った。
1件の体験者の声があります。
手術の翌日でも動けて顔色のいい私を見て、見舞いに来た友人が「やつれていない」とか「動きすぎ」とか自分たちのもっているがんのイメージだけで判断し、病人は病人らしくしろと言われた。元気であることを喜んで欲しかった。あまり見舞いに来られるのも迷惑だと感じた。
1件の体験者の声があります。
見舞いに来る人が「転移しなくてよかったね」などと大声で話しているのを聞くのが嫌だった。
1件の体験者の声があります。
すべて表示する>>   

助言

自分の助言集をつくる  EPUB形式でダウンロード  印刷用表示


【面会が苦痛のとき】
入院中、親しい人からのお見舞いは、うれしく、励みにもなります。
その一方で、どんなに気が置けない相手でも、人とのコミュニケーションというものは、思った以上に気力や体力を使います。
特に、気持ちが落ち込んでいたり、体がつらかったりするときには、相手と会うのに気後れしてしまうこともあります。

もし、面会を負担に感じるようであれば、はっきりと断ってかまわないと思います。自分から相手に伝えることが難しいようであればご家族に協力してもらいましょう。また看護師に相談して受付やナースステーションで面会できない旨を相手に伝えてもらえるよう、お願いするのもよいでしょう。

病院まで足を運んでくれた相手に申し訳なく、断りきれない、というのであれば、体調が良いときに手紙を準備しておくという方法もあります。お見舞いへのお礼、治療に専念したい気持ちなどを書いたメッセージカードや便箋をあらかじめ用意しておいて、お見舞いに来てくださった方にお渡しします。


【見舞い客の言葉に傷ついたとき】
自分では元気だと感じているのに、見舞い客から『やつれていない』『動きすぎ』と言われたり、『病人』として扱われたりすると、人によっては、傷つくことがあります。また、その他にも見舞い客の何気ない言葉が、今のあなたには“無神経”と怒りを覚えたり、 “何もわかっていないくせに”という反発になったりすることがあります。

現在、がんは二人に一人がかかる病気と言われ決して珍しい病気ではありません。治療の技術や成績も日々進歩しています。
しかし、長年にわたって作られてきた、病気に対する暗いイメージが根深く残っていることも事実です。
お見舞い客は、病気が判明したばかりの頃にあなたが持っていたのと同じくらいの知識しか持っていないのではないでしょうか。
もしそうだとすれば、その方の言葉は、限られた情報のなかで、精一杯、あなたのことを気遣った結果、出てきたものなのかもしれません。
『やつれていない』と言われたのは、元気な様子を励まそうとしたのかもしれないし、『動きすぎ』と言われたのは、あなたが疲れにないよう、こころを配られたのかもしれません。
あなたががんになったことで、人によっては過剰に反応してしまったり、適切ではない言葉をかけてしまったりする方もいるかもしれません。
病気はあなたのこころを敏感にしています。そういった相手の反応の一つひとつが、あなたを傷つけてしまうかもしれません。
ただ、やがて相手の方も、病気の有無にかかわらず、あなたはあなたである、ということを、きっとわかってくれるはずです。時間をかけることが大切です。



関連する情報


ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A