病院や医師選択 情報入手が難しい

病院の方針、技術が的確か、特に主治医が信頼できるかどうかを判断する情報、指標がなく、少ない知識と感情で判断しなくてはならなかったので不安だった。
2件の体験者の声があります。
より適切な治療を受けたいので、医師、病院、治療方法について悩み、資料を探すのが大変だった。
1件の体験者の声があります。
病院によって治療にばらつきがあると聞いていたので、最新の治療、信頼できる病院選択のためインターネット等で真剣に調べた。
1件の体験者の声があります。
すべて表示する>>   

助言

自分の助言集をつくる  EPUB形式でダウンロード  印刷用表示


あなたの病状に合った治療をきちんと受けられるということが、病院や医師を選ぶときの基本です。
ただ、がんの場合、『手術などの治療を受ければそれで終わり』ということではありません。一般的には、治療終了後も定期的に通院して、診察や検査を受けます。また、手術の前や後に外来で抗がん剤治療や放射線治療を受けることもあります。

自宅からあまりにも遠い病院に通い続けることは、体も疲れやすく体調が悪い時には負担にもなり、時間やお金もかかるので、大変です。このため、病院を選ぶ際には、通いやすさも検討するための要素になります。

治療を受ける病院や医師を選ぶための一つの目安は、標準治療を受けられるかどうか、ということです。ただ、場合によっては、標準治療を踏まえた上で、担当医がさらに適切だと考える治療を提案することもあります。
担当医から治療方針を提示されたときには、その治療が標準治療にあたるのかどうか、標準治療とは異なるのであればその治療が自分に合っている理由はなぜなのか、確認してみましょう。
もしあなたが現在の自分の担当医とまだ十分に相談する時間をもてていないのであれば、まず、話し合いのための時間をきちんと作ってもらいましょう。
あなたの担当医は、あなたの体や病気の状態に関する情報を最も正確に、たくさんもっています。体や病気に関する十分な情報を担当医から得てからでないと、せっかくの積極的な情報収集も、誤解や不安を引き起こしてしまうことがあるのです。

がんの治療は、がん専門病院でないと受けられないということではありません。高度な専門性を有する治療や希少がんの症例数など、がん専門病院や大学病院が適していることもありますが、一般の病院でもがんの治療は行われています。
また、がん専門病院や大学病院では、一般病院での治療が難しい患者さんも多いため、予約待ちの期間があったり、外来診療も待ち時間が長く1日がかりになってしまったり、入院待機期間が長くなってしまいがちです。
一方で、できるだけ自宅から近い病院にかかりたい、今までかかったことがあり、信頼している先生に診てもらいたいと考える人もいるはずです。
つまり、病状とともに自分がどういう基準で病院を選ぶかで、検討する医療機関も異なってくるのです。

病院を探すときには、国立がん研究センターがん対策情報センター『がん情報サービス』のホームページにある『がん診療連携拠点病院』の一覧が参考になります。
現在、厚生労働省は、どこにいても、誰でも安心してがんの治療が受けられるように(がん医療の均てん化)、がん診療連携拠点病院の設置をすすめています(平成26年8月現在で、全国407ヶ所の病院が指定されています)。これらの病院は、がんの診断や治療をしていくための条件を満たしているかなど、よく検討され審査されて、指定を受けます。専門医の治療を受けられるか、どういうがんを取り扱っているかなど具体的に概要をみることができるので、病院を決めるとき、参考になると思います。

また、最近では、ホームページを開設している医療機関が増えてきました。病院の方針(理念)、診療科の案内、設備以外にも、各診療科の詳細な情報や治療実績等も確認できるところがあります。候補の病院があれば、その病院のホームページを一度確認してみるとよいでしょう。

現在、暮らしている地域(都道府県)の病院の情報を知りたい、ホームページをみてもよくわからないというときには、がん診療連携拠点病院の相談支援センターに相談してみましょう。相談支援センターには、国立がん研究センターがん対策情報センターが実施する研修を受けた「がん相談員」がいます。書籍や雑誌、テレビ、インターネットなどからの情報は一方向性のものなので、間違った情報に惑わされたり、誤解したり、十分理解できなかったりします。相談員は、あなたの話を聞きながら、問題を整理して、情報を探すお手伝いをしたり、情報提供をしてくれたりするでしょう。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス
http://ganjoho.jp/
がん情報サービスは、国立がん研究センターがん対策情報センターが運営するがんに関するさまざまな情報を提供するサイトです。部位ごとのがんの解説、診断や治療に関すること、生活や療養に関すること、予防や検診に関すること、がん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院、緩和ケア病棟のある施設、がん相談支援センターなどを病院名や都道府県の地図などから探し施設ごとの詳しい情報などがあります。また、これまで発行した冊子などもPDFでダウンロードできます。
(2)国立がん研究センター がん情報サービス:病院を探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/
国が指定しているがん診療連携拠点病院などの施設について、がん診療の実績から探す、がんの種類から探す、専門医療職から探す、対応状況から探す、病院名から探す、地図から探すなどさまざまな検索方法で探すことができます。
また、医療機関名をクリックすると、その病院の住所や電話番号、ホームページなどの基本情報、交通案内、診療案内(がんの部位別に診療やセカンドオピニオン実施の有無、治療方法の対応状況、治療実績、臨床試験など)、がん相談支援センターの案内、、緩和ケアに関する情報(緩和ケア外来や緩和ケア病棟の設置の有無、緩和ケア相談窓口など)等の多くの情報が公開されています。
(3)日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
http://www.jsmo.or.jp/
日本臨床腫瘍学会のホームページです。サイドメニューの『一般の皆様へ』に、がん薬物療法専門医についての説明、『専門医名簿』で都道府県ごとのリスト(PDF)を確認できます。
(4)日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
http://www.jastro.or.jp/
日本放射線腫瘍学会のホームページです。『一般のみなさま』のページに『放射線治療専門医名簿』があります。また、『放射線治療Q&A』では、放射線治療に関するさまざまな情報がQ&A形式で情報提供されています。
(5)日本乳癌学会:乳腺専門医とガイドライン
http://jbcs.gr.jp/
日本乳癌学会のホームページです。トップページで、[市民の皆様へ]ボタンから、患者さんやご家族、一般の方々向けのさまざまな情報が掲載されています。『乳癌学会専門医一覧』は、地域別・都道府県別に確認できます。『患者さんのための乳がん診療ガイドライン』は、患者さんからの質問に対する回答(Q&A)という形式で、乳がんの原因と予防、検診と診断、治療、再発・転移について、療養上の諸問題についてなど幅広い情報が掲載されています。また、『乳がんに関する最近の話題』の記事も掲載されています。


関連する情報


ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A