信頼できる医師

信頼できる医師に出会えるか不安だった。
5件の体験者の声があります。
信頼できる医師に巡り会うまで探す決心をし、1か月の間に5件の病院を巡り、泣きながら七転八倒の思いで医師を探し求めた。
1件の体験者の声があります。
現在の病院は症状によって医師が代わるので、医師の人柄のいい病院に転院を考えている。
1件の体験者の声があります。
すべて表示する>>   

助言

自分の助言集をつくる  EPUB形式でダウンロード  印刷用表示


あなたにとって信頼できる医師とは、どのような条件を満たした人でしょう。『責任感がある』、『人柄がよい』といったことでしょうか。『専門的知識・技術を身につけている』、『説明を十分に行ってくれる』、『話しやすい』などが思い浮かんだでしょうか。他に、病院のレベル、周囲の評判などを挙げる人もいるでしょう。

医師に自分の体を預けるわけですから、特に、医師との関わりが気になると思います。ただし、信頼できる、つまり『良い』医師というのは、それぞれの価値観や好みがあるので、人によって異なります。自分はどの点を重要視するのかを考えてみましょう。

いずれにしても、あなたの病気の治療に必要な専門知識や技術をもっているかどうか、ということは、あなたがその医師を信頼できると感じられるかどうかの決め手の一つとなるはずです。
そのような知識や技術をもった医師の治療を受けるためには、まず、あなたの担当医ときちんと『対話』することが大切です。医師の質問(問診)にきちんと答えているか、わからないことを医師にきちんと伝え確認しているかなどのやりとりです。

医師も一人の人間です。信頼関係が築きやすい場合もあれば、難しい場合もあります。そういうときは、どちらか片方の働きかけが有効に働くことがあります。また、周囲の人が助けになってうまくいく場合も多くみられます。医師との信頼関係は、お互いが築きあげていくものだと思います。

人と人とのコミュニケーションは、一方通行ではありません。相手の言葉や態度をあなたが受けとめ、そこから感じたことをもとにあなたが言葉や態度を返します。すると今度は、あなたの言葉や態度を相手が受けとめ、返す、その繰り返しがコミュニケーションです。

信頼関係を作るには、まずは相手を信用することが大切です。信頼できる医師を探そうとする時にも、同じことがいえます。医師のあらを探したり、疑うような気持ちで接したりすると、それが医師の方にも伝わり、結果として信頼関係を作り上げていくことは難しくなるでしょう。



関連する情報


ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A