静岡分類から探す

3.1.1.6治療法決定時の迷いや選択の難しさに関すること(その他)

 該当した悩みが63件あります (1/7頁) 前頁次頁

よろずの窓

調べたいことを文章や単語で記入して、「検索」ボタンを押してください。

個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

助言 治療方法の選択について、正しい知識を学ぼうとして、いろんな本を読んでも、理解したようでわかってなかった。納得できたのは治療等体験した後だった。
  早期がんと診断されるまで2か月かかり、診察の日々で、更年期もあり心身ともに疲れ、手術してもらうことを決めてしまった。
  20年前のことで、簡単に情報を得ることもできず治療方針について悩んだ。電話でがんのサポートをしてくれるところがあり、そこで話を聞きアドバイスをしてもらえて少し安心した。
  外来でできる治療はないか。
  がんが進行していたため、手術方法の選択肢が1つしか示されなかった。
  がんと診断されたその日に検査の予約、入院手続きなどしなければならず、ベルトコンベアに乗せられたように考える暇もなくことが進み、これでよかったのか、判断が正しかったのかわからずに手術に向けて進んでいったこと。
  がんの転移後は、治療法や副作用、後遺症に関する情報が少なく、セカンドオピニオンを受けても意見がさまざまで、判断に悩む。
  がんの部分が鼻腔の奥なので、手術をしてがんを切除しないと眼球に転移すると言われ、かなりショックだった。
  がん以外にも病気を抱えている場合の治療法を知りたい。
  がん告知から一週間後に、手術か抗がん剤治療かを決めるように言われ、先が見えずじたばたした。

がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A