悩み

深刻な状況にある患者仲間に接する時、相手の心情がわからないことで悩むことがある。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【豊かなこころ】

この方は、豊かなこころをお持ちだと思います。分かったつもりにならず、相手のこころに近づこうとされているからこそのお悩みだと思います。
同じ体験をしたからこそ、わかり合えることがあります。一方で、同じ体験をしていなくても、他人の状況や心情を取り入れて、考えることができる力を持っているのが人間でしょう。
こころは揺れ動いたり、変化したりするもので、自分自身でもはっきりととらえることが難しい場合があります。そういうとき、“よく聴いてくれる”、“自分のこころを表現してよい”、“こころを感じとってくれようとしている”、そして“感じたことを伝えてくれる”相手と会話をすることで、こころの重荷を少し軽くできます。お相手は、あなたの素直で豊かなこころで受け止めてもらったことに感謝していると思います。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A