悩み

周りの人との接し方に悩む。
5 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【周囲の人の心ない一言が患者さんを傷つける】

がんとわかった後、困ることの1つに、周囲にどう話をしていくかがあります。
3人に1人ががんにかかる現在であっても、地域によっては、未だに「不治の病」などのマイナスイメージが社会的に根強く残っていますし、人間関係というのは、やはり密なものと希薄なものがあります。知人や近隣の人々、職場の人、親戚の方などの心ない一言が患者さんにとってはこころの傷になります。また、同情や気遣いが負担になることもあります。


 
【自分にとって大切な関係の人には伝える】

やはり、自分が信頼できる人、大切な関係の人には、ある程度お話しておいた方がよいと思います。ただ、家族と同じくらいすべてを話す必要はないと思います。
社会的に存在するがんのマイナスイメージは、患者さん自身のこころにも大きな負担になると思います。人の視線や言葉、ふるまいにとても敏感になってしまいます。特に不安が強い時期や診断後などの動揺が強い時期には、さらに敏感になります。自分でも気づかないうちに疑心暗鬼になり、周囲の人々が自分を特別な目で見ているように感じることもあります。


 
【最初は告げた方も告げられた方も緊張や不安・戸惑いがある】

患者さんにわかっていただきたいのは、患者さんが周囲の人に、ご自分の病気を話すとき、話を聞いた人も同様に緊張するし、どうふるまっていいかわからなくなるときがあるということです。
これまで、自然に会話しふるまっていたのに、それがうまくできないと感じることがあります。一時的にぎくしゃくすることもあるかもしれません。けれども、患者さん本人も周囲の人々も、しばらくすると(これは人によって時間は異なると思いますが)、病気になっても、その人自身は変わらないのだということに自然と気づき、受け入れられるようになってくると思います。


 
【周囲の人は患者さんの敏感で傷つきやすいこころを理解する】

周囲の人は、患者さんがこういう悩みをもっているということを理解することが、サポートの第一歩となります。
がんと診断された後や、治療の開始前、治療後の回復途中にある患者さんは、とてもこころが敏感になり傷つきやすくなります。励ましの言葉が、患者さんには負担になることがあります。話をきいてうまく言葉が出なければ「ごめんなさい。何をどう言っていいか今は分からない、でも私にできることがあればいつでも言ってほしい」と率直に思いを伝えましょう。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A