悩み

親への告知に悩んだ。
25 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【伝えることと伝えないこと】

原則的には、家族内での隠し事は、できるだけしないことが望ましいと思います。たとえ隠す事が思いやりや優しさのつもりでも、家族内のコミュニケーションがうまくすすまなくなったり、こころのずれが生じたりする原因になります。

親にとって、自分の子どもは何歳になっても大切な存在です。自分が守り慈しんで育ててきたお子さんががんになったということを知らされれば、動揺しショックを受けてしまうかもしれません。
だからといって、もしご両親が高齢だから、あるいは気が小さく受けとめきれないかもしれない、親御さんも体調が悪いからとかの理由で伝えないというのは、本当の優しさや思いやりなのか、もう一度自分自身に問い直してみましょう。
逆の立場にたって考えてみると、自分の大切な家族に起こった大変な出来事を全く知らなかったことを後で知ったときには、何ともいえないつらさを感じるのではないでしょうか。また、時には知らないばかりに何もできなかったと自分を責めたり、後悔したりすることもあります。

がんは、慢性疾患の一つといわれています。治療が終わればそれで終わりということではなく、定期的な通院や検査が必要ですし、もし再発や転移が見つかったら、再び治療を開始しなければいけないこともあります。そのなかで隠し続けること自体、とても大変なことです。
たとえ同居をしていなくても、ご両親は何かのきっかけで“どこかおかしい”と感じるかもしれませんし、電話であなたと話していても、どこかにこれまでと違うあなたを感じるかもしれません。そして、ご両親からの問いかけに嘘をつき通すことは、あなたにとってもこころの負担になってしまうことだと思います。

ただ、伝えると言っても、あなたが伝えなければいけないということはありません。あなたが診断と治療の説明を受けたばかりであれば、あなたは自分の中でその事実を受け入れていくだけでも大変な努力をしているはずです。また、治療に向けてやらなければいけないことがたくさんあるかもしれません。また、自分のことだからこそ、伝えたときのご両親の反応を思うとやりきれない気持ちになるかもしれません。
伝えるかどうか、伝えるとしたら誰が伝えるか、どういうふうに伝えるかをあなたが信頼できる人とよく話し合ってみましょう。あなたのパートナーでもあなたのお子さんでも、友人でもかまいません。一緒に考えてもらうことで、もしあなたのご両親がその事実で動揺やショックを受けても、あなたの周囲の人々がそんな両親をサポートしてくれるでしょう。また、あなたが信頼できる方に話してもらうことが、説明を聞くご両親にとってもワンクッションとなり、動揺やショックをやわらげるかもしれません。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A