悩み

医薬品以外の薬をよく勧められるが、戸惑いを感じる。
4 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【周囲の人は患者さんのためと思っても患者さんにとっては負担になることがある】

親戚や知人からのいろいろな勧めや意見、干渉が苦痛だったり、家族内で、治療や今後の方針について意見の不一致が起こったりすることがあります。たとえ患者さんのことを心配して“何とかしよう”という一生懸命の気持ちからであっても、患者さんにとってこころの負担になってしまうことがあります。


 
【人に勧められたとき】

自分は気がすすまないが、親戚や知人が自分の体のことを考えて勧めてくれるから、断ったらいけないのではと考えているようであれば、その旨をはっきり伝え、断りましょう。


 
【健康食品を利用するかどうか】

健康食品による治療の効果は確認されていません。体験談に症状等が改善されたのはこの健康食品のおかげと書いてあっても、科学的に証明されていないことに注意が必要です。また、健康食品でも、副作用が出る可能性があります。
ただ、健康食品を飲むことが安心につながるようでしたら、健康食品の特徴を理解したうえで慎重に検討しましょう。
利用されるときは、健康食品とお薬の相互作用を避けるため、主治医の先生にご相談ください。また、高価だから効果があるとは限らないので、経済的に可能な範囲にとどめ、負担に感じるようであれば中止しましょう。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A