「がん体験者の悩みQ&A」では、2003年と2013年に実施した全国調査結果を整理して構築したがん体験者の悩みデータベースを公開しています。このデータベースに基づき、がん体験者の方々の悩みや負担をやわらげるための助言や日常生活上の工夫などの情報ツールの作成等を行っています。
なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、お近くの「がん相談支援センター」をご利用ください。

悩み

主人が植物状態で入院中のため、自分も入院となると子ども達のことが不安だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【問題を具体化して1つ1つ整理対応する】

ご自分の体のことだけではなく、ご主人のこと、お子さんのことと、気がかりも多く、おつらいと思います。
一人で考え抱え込むのはやめて、一緒に考え問題を解決する手助けをしてくれる人を探しましょう。身近なところでは、病院の相談窓口の担当者や、がん診療連携拠点病院の相談支援センターの担当者がいます。身内だと話しにくいし負担をかけたくない、担当医にはこんなことは話せないということであれば、なおのこと相談窓口はあなたの手助けとなります。また、人に話すことで、ご自分の頭のなかを整理できたり、気持ちが楽になることもあります。
気がかりや不安なことが重なっているときには、もう少し具体的に問題を整理していくことが大切です。

たとえば、
◎ 自分が入院中でも、ご主人の世話はご主人の入院している病院にまかせて大丈夫なのか(洗濯や日用品の補充なども含めて)誰かに依頼することがあるか。
◎ 病気のこと、入院のこと、お子さんにいつどのように話していくか考えましょう。
◎ お子さんの年齢によっては、ご自分の入院中面倒をみてくれる人が必要かもしれません。あなたが入院中のお子さんの生活をイメージして、手助けがいること、お子さんにまかせられることなど1つ1つ具体化してみましょう。お子さんのこころのサポートは、入院中は全くできないわけではありません。毎日決めた時間に電話して、お子さんの話を聴いたり、あなたの状況をお子さんに伝えてあげましょう。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター『がん情報サービス』:がんの相談
https://ganjoho.jp/public/institution/consultation/index.html
『がんの相談』のページで、がんの相談窓口「がん相談支援センター」の説明やがん相談支援センターを探すへのリンクがあり、全国のがん診療連携拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。

 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A