悩み

病院の薬以外に民間療法など保険の利かない薬を勧められ、大変お金がかかると悩んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【高価な出費を強いる民間療法は避ける】

あなたに民間療法を勧めた方は、本や雑誌で目にとまったり、日頃からその方が使っていて体にいいと感じていたりするものを、勧めてくださったのだと思います。
しかし、民間療法は、民間に『伝承』されてきた方法であり、がんに効果があると科学的に証明されたものではありません。その方に合ったものが、あなたにも同じ効果をもたらすとは限らないのです。
そして、きちんと理解しておかなければならないことは、民間療法では、がんを治したり、がんの進行を抑えたりすることはできない、ということです。
むしろ逆に、あなたの体の状態や受けている治療によっては、民間療法によって、かえって健康を損なってしまう可能性さえあるのです。民間療法を試す時には、必ず担当医に相談するようにしてください。
民間療法では、がんを治すことはできません。がんを治すための一般的な治療(手術療法、化学療法、放射線療法)をきちんと受けることが、まず大切です。体やこころのつらさをやわらげる民間療法は、あくまで補助的なものとして考えるべきです。
あまりにも高価な出費を強いるような民間療法を続けるのは考えものです。民間療法の出費がかさんだ結果、一般的な治療を受けられなくなる、という事態は、避けなければなりません。
厚生労働省の研究グループが作成した『がんの補完代替医療ガイドブック』という冊子がインターネットでダウンロードできます。この冊子は、民間療法について考えたり、勧めてくれた人に自分の考えを説明したりするときに役立つと思います。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:代替療法(健康食品やサプリメント)
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/alternative_medicine.html
がん情報サービスの『診断・治療』>『がんの治療方法』のなかに、代替療法のページがあります。代替療法(食事療法、サプリメントや健康食品、鍼灸、マッサージ療法、心理療法と心身療法など)の有効性と安全性についてどのように判断したかという、アメリカのハーバード大学の研究グループの報告が紹介されています。
(2)「統合医療」情報発信サイト
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
「統合医療」情報発信サイトは、厚生労働省の事業の一つで、民間療法などを含む補完代替療法とどのように向き合い利用したらよいかを考えるために、根拠に基づいた情報を紹介しているサイトです。『統合医療の定義』、インターネットやマスメディアの健康・医療情報の見極め方、関連する冊子や資料、海外の情報などがあります。
『関連する冊子や資料』には、厚生労働省の研究グループが作成した冊子『がんの補完代替医療ガイドブック 第3版』などの冊子PDFがあり、閲覧・ダウンロードできます。
(3)独立行政法人 国立健康・栄養研究所:「健康食品」の安全性・有効性情報
https://hfnet.nih.go.jp/
健康食品の『基礎知識』、『被害関連情報』、『話題の食品・成分』の科学情報、健康食品の『素材情報データベース』などがあり、効果や副作用、科学的検証の状況などを確認することができます。
また、基礎知識にある『行政機関発行のパンフレット集』には、厚生労働省の研究グループが作成した冊子『がんの補完代替医療ガイドブック 第3版』や『健康食品の正しい利用法』、『これから健康食品を利用しようと考えているあなたへ』、『健康食品ウソ?ホント?』などの冊子PDFを閲覧したりダウンロードしたりできます。

 
【担当医や相談員に相談してみましょう】

もしあなたが、現在の治療法に対する不満、病気の進行に対する不安、痛みなどの体のつらさ、といった悩みから、民間療法の必要性を感じているのであれば、一度そのことを、担当医にきちんと相談してみてください。
きちんと相談することで、担当医の方からあなたの悩みを解決するための方法を示してくれるのであれば、それにまさることはありません。
もし、いきなり担当医に話をするのがどうしても敷居が高いように感じるのであれば、おかかりの病院の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。
看護師やソーシャルワーカーが務める相談員には、守秘義務があります。あなたが話した内容が外にもれてしまうようなことは決してありません。また、相談のプロですので、話している途中で、あなたがたとえ動揺したり、緊張したりしても、あなたの気持ちにきっとよりそい続けてくれるはずです。
自分の悩みを人に打ち明けて、助けを求めることができるのは、あなたの弱さではなく、強さであると考えてください。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://ganjoho.jp/public/consultation/index.html
がんに関する心配事や知りたい情報を電話で相談できるがん情報サービスサポートセンターについて、また、全国のがん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院、地域がん診療病院にある、がんの相談窓口である『がん相談支援センター』に関する説明などが掲載されています。
(2)国立がん研究センター がん情報サービス:がんの相談
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。
(3)公益財団法人 日本対がん協会:がん相談
http://www.jcancer.jp/
日本対がん協会のホームページです。『がん相談・サポート』のページでは、がん相談ホットライン、医師による面接相談、医師による電話相談、社労士による相談の4種類の相談の電話番号がと、よくある質問などが掲載されています。『がん相談ホットライン』は、看護師やソーシャルワーカーが電話でお気持ちを聴いたり、困りごとの相談に対応しています。医師による相談は、電話相談、面接相談とも事前予約が必要になります。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A