悩み

退院してからも今まで通り生活できるか心配だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【具体的に眼の前にある問題に1つ1つ対応する】

がんで治療を受けた後に社会復帰し、仕事や家事をこなしたり、社会のなかで家庭のなかで様々な役割をこなしながら、生活をしている方は大勢いらっしゃいます。ただ、それぞれの生活が、「がんになる以前」と全く同じなのかというと、これはがんの影響だけではなく、治療後の体力低下の有無、治療前の生活環境の差、それぞれの社会のなかでの役割、こころの問題など患者さん個人個人で異なる部分もあります。入院する、治療するという状況のなかで、気持ちもからだも以前と全く同じということはないと思います。
がんと診断されたとき、あるいはがんの治療を受けられているとき、“今後どうなるんだろう。元気になるのだろうか”というように漠然とした未来への不安がわいてしまうことがありますが、先のことを完全に見通すことはできません。
大切なことは、今、目の前にある課題や問題に1つ1つ取り組んでいくことだと思います。
目の前にある課題に取り組み(治療を受ける前であれば、夜しっかり眠ることでも、3食しっかり食べて栄養をとることでもかまいませんし、治療中であれば、副作用で予防できることは予防し、自分なりの治療中の生活リズム、生活スタイルを整えることかもしれません)、具体的な目標をたてて、その目標に向かって行動していくことが重要です。

ただ、これからいろいろな問題や心配にぶつかるかもしれません。そのときは、一人で抱え込まず、あなたのご家族や友人、医療者や病院の相談室の相談員などに話をしてみましょう。あなたは一人ではありません。つらいときは、まわりの手助けを借りることもとても大切です。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A