悩み

がんは不治の病と思っているので不安。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【不安が続くときには相談を】

医学の進歩により、がんの治癒率は着実に上がってきています。
がんにかかっても、無事に治療を済ませ、社会復帰を果たす方はたくさんいますし、その数は年々増えています。
しかし、『がんは不治の病』というイメージは根強く残っていますし、がんが命を左右することもある病気であることもやはり事実です。
がんと診断されることは、誰にとっても大きな衝撃です。治療を受ける間も、さまざまな不安をお感じになったことでしょう。
不安な気持ちは、無理に抑える必要はありません。逆に、こころの自然な反応として湧きあがるままに受け止めたり、信頼できる家族や友人に打ち明けたりすることで、気持ちが楽になることもよくあります。
ただ、不安がずっと続くと、日々の生活にも少なからず影響が出てきます。
病気以外のことが考えられない、集中力が続かない、誰とも話したくない、よく眠れない、食欲がない、といった状態が週単位で続くようであれば、一度、こころの専門家(精神科医、心療内科医、心理療法士など)と話してみてはいかがでしょうか。
こころの専門家をいきなり訪ねるのは敷居が高いと感じたり、どこに行けば会えるかわからなかったりする時には、まずは、担当医や、おかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A