悩み

副作用がない治療方法がないと聞いた時、薬を中止しない限り次の副作用がどんな形で出るのか不安だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【薬の効果と副作用】

薬が体内に入ると様々な作用が起こります。多くの薬は、作用が1つではなく、治療目的にあう効果と、それ以外の副作用があります。
薬の量や使い方、患者さんの個人差によって、効果・副作用のあらわれ方は異なってきます。つまり、同じ薬を使っていても、副作用の程度は患者さんによって異なります。
薬を体に取り入れるとき、その患者さんにとって、安全で、効果があるかということを第一に考えます。
不明な点があれば、担当医に質問して、疑問を解決するようにしましょう。


 
【治療によるさまざまな苦痛をやわらげる対応がある】

現在ではできるだけ副作用を抑える工夫や対応が行われています。
抗がん剤治療の副作用として、どのような症状を思い浮かべるでしょうか。副作用は、抗がん剤の影響で起こっているので、たとえば吐き気や食欲不振などの症状は、抗がん剤がからだの外に出てしまい、薬の影響がとれてくれば改善してきます。
大切なのは、抗がん剤治療中の自分の体調の変化を理解し、副作用を予防したり、軽くするための工夫を生活に取り入れることです。
何かつらいことがあったり、不安なことや困ったことがあれば、医師や看護師などに相談して下さい。伝えることで、より適切な対応を行うことができます。また、からだがつらいときは、ご家族などにサポートしてもらうことも大切です。
治療は患者さん一人で受けるものではありませんし、医師が勝手に行うものでもありません。患者さんと担当医などの医療スタッフ、患者さんをいろいろサポートしてくれるご家族や友人など、患者さんと患者さんを取り巻く人々との協働作業です。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A